お金の話

ひとり事務所で安定した売上を手に入れるためには、高額商品が必要です。 そこで、行政書士にとって高額商品とはいくらなのか、考え方と目安を書いて行きます。