メルマガバックナンバー2018年2月

メルマガ

自由な働き方を手に入れるメルマガ vol.5-8

毎週月曜8時に配信している「自由な働き方を手に入れる」メルマガ。
内容の一部をバックナンバーとして掲載していきます。

自由な働き方を手に入れるメルマガ登録はこちらから

バックナンバー2018年2月5日
新しい年の始まりに目標を決める

おはようございます。上山雅子です。
「自由な働き方」を手に入れるためのメルマガ。5回目の今日は、目標の立て方ついて書きます。

新しい年の始まりというと、一般的には1月1日と考えられますが、星の動きに沿った新年の始まりは、2月4日の立春になります。私はホロスコープも少し勉強していますが、5年前から星や月の動きを意識した目標設定をしています。

マーケッターとして有名な神田昌典さんは、春夏秋冬理論というものを提唱していますが、これは、星の動きと関連しています。生年月日で一年の季節が分かるのですが、12年周期で4つの季節を一周し、季節ごとにやるべきことが変わります。

以前、細木数子さんの占いが流行りましたが、あれでいう大殺界の3年間が、春夏秋冬理論では、秋の3年間にあたります。
但し、何をしてもダメという理解ではなく、秋の季節には、それまでの収穫を地道にする、という考え方になります。
私はあと1年秋の季節が続くので、これまでやったことをコツコツ収穫することに集中しています。興味のある方は、こちらのサイトから季節判定できます。

ただ、先日陰陽師の修行中の方と知り合い、算命学で専念月日をみてもらったところ、今年の立春を境に、天中殺から抜けるそうです。一般的に占いと呼ばれますが、ホロスコープも算命学も知恵の集大成だと思いますので、一年をどう過ごすかの指標にしたいと考えています。実際、星の動きや月の動きが記入されているカレンダーを毎年使っています。

例えば、満月の日はゆっくりするとか、新月の日は新しいことは始めず願い事を書き出すとか、年に数回ある土用に入る時は健康に気をつけるとか、見えない力を意識するようにしています。

億万長者は星占いを信じないが、大富豪は活用する」金融王のJPモルガンの格言です。

さて、一年の始まりである立春は、そんなわけで、とても重要な日です。この日を選んで、2年前に出版したのが「行政書士開業一年目の真実」です。そこから毎年、立春の日に出版というのが、私の恒例となりました。

今年は「開業3年で軌道に乗せるための43のリスト」と言うタイトルで電子書籍を出版しました。昨年配信したメルマガを全面改訂し、編集した7万5千字の内容です。開業準備中から開業3年目までの43ヶ月間の出来事と軌道に乗せるためのポイントを43のリストとして書き出したものです。

こうやって毎年電子書籍を出していると、どうやって出版するの?と、色々な人から聞かれます。その度に口頭で伝えたり、参考になるサイトをお知らせしていますが、それでは分かりにくいかなと思い、今回、ブログにまとめてみました。電子書籍をキンドルで出版するための手順を一からまとめました。

もし、電子出版に興味があれば、本当に簡単にできますので、こちらの記事をご覧ください。

さて、こんな風に、思い立ったらすぐにブログに挙げてそれをSNSやメルマガで紹介して読んでもらえる時代になったのですから、どんどん発信して自分の想いや、自分の活動を知ってもらいませんか?
今回、電子書籍出版のために開業準備と開業3年間を振り返り、あらためて発信の重要性を感じました。開業年数の浅いうちは、やることはたった1つ。自分自身や自分の事業を知ってもらう活動です。まずは知ってもらわないことには何も始まらないのです。

そして、これを続けることで、ようやく売上の土台が完成します。これは、自分の活動を振り返っても、他の軌道に乗っている方の活動を見ても、間違いのない事実なのです。

今年は発信の年にしませんか?これ、かなりお勧めです!!

 

バックナンバー2018年2月12日
どうしたら安定した売上を手に入れられるのか

おはようございます。上山雅子です。「自由な働き方」を手に入れるためのメルマガ。
6回目の今日は、仕事を依頼される方法について書きます。

私が運営しているWebサイト、ショッシー★サロンでは、「開業1、2年の行政書士の悩みの解消」をテーマに現在500近い記事をアップしています。1月のアンケートの結果、このメルマガ読者の94%が行政書士あるいは、行政書士試験受験者だったので、ショッシー★サロンの記事もぜひご覧いただきたいと思います。

さて、ショッシー★サロンにも時々書きますが、行政書士の大きな悩みは、「どうしたら安定して仕事が取れるのか?」ということではないでしょうか。これは、私自身が開業当初悩んでいたことでもあり、開業当初、同期の行政書士が悩んでいたことでもあり、実は先輩行政書士も悩んでいたことでもあります。

私は時々、行政書士とは関係ない勉強会に参加しますが、そこで出会う個人事業主も「安定した仕事が取れるようになりたい」と悩んでいるのをよく見かけます。開業するとしばらくは、「安定した売上」を手に入れることで悩むものなのでしょう。

では、安定した売上を手に入れるためには、安定して仕事を依頼されるためには、どうしたらいいのでしょうか?

これは、安定して仕事を取っている人に聞くのが一番だと思いますが、実は、安定した仕事の取り方にも色々あります。
大きく次の3つに分かれるはずです。

  1. 紹介で何となく安定している
  2. 異業種交流会や○○会メンバーに営業することで何となく安定している
  3. 仕事をしくみ化して人を頼らず安定している

これは、規模や性格にもよるので、決して①と②が悪いと言っているわけではありません。「何となく」という言葉に悪意はありません。ただ、もし、1人である程度の売上を安定的に手に入れたいのであれば、③の「しくみ化」が必要だと思います。「何となく」で進めていると、仕事がなぜ取れているのかが分からないため、安定させるポイントが掴めないものです。ポイントを掴み、戦略的に進めることが、売上を安定させることにつながるはずです。

では、「しくみ化」って何でしょうか?

「しくみ化」とは、簡単に言うと、売上につながるまでの流れ、手順、進め方で、いつ、誰がやっても、同じ結果が出ることです。(または、同じ結果が出ることが理想です)

例えば私の場合、次のような流れで遺言作成の仕事を依頼されています。

  1. 遺言セミナーを企画する
  2. セミナー会場を借りる
  3. 広告を出す
  4. 電話、メールで申込みを受ける
  5. セミナー資料を準備する
  6. セミナーを開催する
  7. アンケートを取る(住所、氏名を記入してもらう)
  8. 参加者に会報を送る
  9. 無料相談を申し込んでもらう
  10. 仕事の依頼をもらう

 

現在、セミナーは月一度実施し、月に1つか2つ、遺言作成の依頼が入っています。
仕事が入ってからの進め方も、戸籍の収集等、外注できるところは外注し、こちらも「しくみ化」しています。

また、遺言作成だけでなく、障害福祉サービス施設についての「しくみ化」や、「ホームページ制作」についての「しくみ化」など、それぞれの業務、事業について、「しくみ化」し、それを改善し続けています。特に1人で仕事をしている場合、「しくみ化」はとても重要です。最終的には、自分がいなくても回るよう、「しくみ化」することが、事業を継続し、ある程度大きくするために必要と言えるでしょう。

「しくみ化」については、ショッシー★サロンでも記事を書いていますので、興味がありましたらご覧ください。

仕事をしくみ化しよう!

また、「しくみ化」と同様、「事業化」についても次の記事を書いています。

アイデアを事業化する

「事業化」も、誰がやっても同じ結果が出るようにすることで、これをうまく作れる人が経営者に向いているのかなと思います。「事業化」や「しくみ化」が出来ないと、いつまでも自分ですべてやらないと事務所が回らない状態のままです。安定した売上を手に入れるためには、経営者的な目線が必要とも言えるでしょう。

この「しくみ化」と固定的に入る「ストック収入」の作り方について、3月4日(日)の午後に勉強会を開催する予定です。場所は都内を予定しています。次回、詳細をお知らせしたいと思いますので、興味のある方は、3月4日の午後を空けておいてください!
※こちらの勉強会は終了しました

 

バックナンバー2018年2月19日
5年前に合格した時の気持ちを思い出しました!

おはようございます。上山雅子です。「自由な働き方」を手に入れるメルマガ。
7回目の今日は、行政書士として継続できる理由について書きます。

先日、ある資格専門学校の行政書士合格祝賀会に参加し、合格者の方とお話しする機会をいただきました。この祝賀会には、自分自身が合格した年から毎年この時期に参加しています。そのため、先輩、後輩、同期の行政書士の方々とも年に一度会える貴重な機会となっています。今回も、合格したばかりの方々から今後の抱負や悩みを聞き、5年前の自分を思い出しながら、答えられる精一杯のお話をしました。

自分も不安だったなーとか、根拠のない自信があったなーとか、色々な方にお世話になったなーとか、失礼なことも言ったなーとか、開業当初からのことをブログなどに記録していることもあり、色々なことを鮮明に思い出しました。

この祝賀会は、合格者と実務家の交流を兼ねているので、実務家として参加していますが、同じ実務家の行政書士の方と一年ぶりにお話しして、その変わらない姿にパワーを感じました。先輩も後輩も同期も、みなさんちゃんと継続して行政書士としてうまく行っているのです。

ある方がこんなことを言っていました。自分が継続できているのは、夫の仕事が安定しているからだ、と。

またある方は、公務員の方と結婚したそうで、これで安泰です!と言っていました。

過去にNECや三菱系の企業に所属し、大きなリストラを見て来た私は、「安定」なんて世の中には無い!、稼ぐ力を付けることこそが「安定」を手に入れる方法だと、売上を意識して、目標達成するぞ!と、頑張って来ましたが、最近、思うんです。

「安定」も人それぞれ、自分が「安定」と思う状態が「安定」した状態なんだなと。

目指す売上は人それぞれですし、なりたい状態も人それぞれです。だから、色んな形があるのは当然で、そう考えると、上手く行っている状態も1つではないんですよね。

私の周りには、上手く行っている行政書士の方がたくさんいますが、みんなスタイルは違っています。共通して言えるのは、自分の生活スタイルに合った働き方をしていること。そして、額はそれぞれですが、毎月安定した収入を手に入れていること。この2つを意識することが、行政書士を続けるコツなのかもしれません。

毎月安定した収入を手にするため、行政書士補助者になる人も、行政書士法人に入る人もいます。雇われる方が安心な人もいるので、それも働き方の1つでしょう。

だけど、もし、開業して、自分の力で売上を作り安定した収入を手に入れたいなら、そのための行動をする必要があります。

合格者の方のお話を聞いていると、私が開業前に知りたかったことを伝えたいなー!という気持ちがどうしても強くなります。そこで、3月4日(日)の午後から渋谷で、4月15日(日)の午後から大阪で、安定した売上を手に入れる3つのポイントというタイトルで勉強会を開催します。このメルマガをご覧いただいている方は半額で参加いただけます。告知も先行でしています。また、今年度合格者の方は、参加費は無料にします。ぜひこの機会にお会い出来ると嬉しいです!
※3月、4月の勉強会は終了しました

 

バックナンバー2018年2月26日
年度末に気をつけたいこと

おはようございます。上山雅子です。
「自由な働き方」を手に入れるメルマガ。8回目の今日は、年度末に気をつけたいことについて書いて行きます。

早いもので2月もあと3日。今年も6分の1が終わってしまいますね。1月から3月の速さは会社員の頃から毎年感じています。これって、学校の学期とも関係しているのかもしれません。1月から3月は、3学期。3学期は、他の学期に比べ短いですよね。3ヶ月というだけでも短いのに、2月は他の月より短いので日数的にもだいぶ違います。

社会人になっても3月が決算月の会社や年度を4月から3月にする会社はとても多いため、2月3月に忙しい経験をした方は少なくないはずです。これは、国の会計年度に合わせたもので、4月から3月という区切りは、明治時代から続いているようです。(学校の年度は、学校年度というようです。)

そんな年度末まで、残すところあと1ヶ月と3日。確定申告もさることながら、この時期、特に気をつけていることがあります。

私が行政書士として行っている仕事に「障害福祉サービス施設指定申請」がありますが、これは地域ごとに締め切りがあります。例えば相模原市だったら15日までに申請が通れば翌月1日からスタートできますし、千葉市だったら10日までに申請が通れば、翌々月からスタートできます。1日遅れたために翌々月からのスタートとなると、その分の家賃やスタッフの給与等、コストだけ発生することになり、これはお客様にとっては避けたい事態だと思います。

そしてもう1つ、これが年度末に気をつけたいことですが、3月と4月の申請では、異動で担当者が変わる可能性があります。

障害福祉サービス施設を扱っている方ならご存知だと思いますが、担当者の考え方や性質は、申請を受けてもらえるかもらえないかに、大きく影響してきます。

今、私の手元には1つの新規指定申請と2つの変更申請があります。この3つについて、一番気をつけたいと思っているのは、何としても3月中に通すことです。せっかく築いて来た役所担当者との関係性が、4月になった瞬間、0からスタートになる可能性もあります。そうならないために、何とか3月中に申請を通したいと思い、今、3つの違う地域を行き来しています。3つとも傾向が違い、それぞれの担当者にあうように書類作成を進めています。

施設の運営サポートもしているため、代表やスタッフの方に役所の傾向や法律や条例について、都度説明して日々の運営に活かしてもらっています。

この4月に国の給付金のルールが大きく変わるのですが、それが3月にならないと詳細が分からないところもあり、役所の担当者も対応に追われているようです。
また、地域によっては、施設を増やしたくない雰囲気を前面に出しているところもありますので、しっかり作戦を練って短期決戦で臨みたいところです。

さて、先ほど「確定申告もさることながら」と、さらっと流してみましたが、この時期、確定申告も重要です。

毎日、毎月、きちっとまとめていても、申告の作業は意外と面倒なものです。年度末は忙しいことを踏まえ、今月中に終わらせてしまいましょう!あと3日あります!!

 

ピックアップ記事

関連記事一覧