心を掴む最大のポイントとは

マインド

スポンサードサーチ

心を掴む最大のポイントとは

 

行政書士として開業直後、
セミナーを開催したいと思い、
話し方の勉強をしようと決めました。

 

私も人前で堂々と
身振り手振りで話したい!
そんなことを漠然と考えていました。
ところが、
話をする上で一番大切なことは、
身振り手振りではなく、
声の強弱でもないことを
学びの中で知りました。

 

人は、人の話を聞いて、
どこに興味を持つのか、
そして、
何をもって「いい話を聞いた」と
判断するのか。

 

これを知ることは、
話す上で、また、
文章を書く上でも
とても重要になるのです。

 

まず、
人が話のどこに興味を持つのか。

 

これはとても簡単です。

 

人は、
自分に関係ある話しか聞きません。

 

これは私に関係ある!
この話は、私のことだ!

 

そう思われたら、
その話には価値があると言えます。

 

今年の2月、
私は伊藤塾さんで講演をしました。

 

テーマは、
開業3年目で1000万稼ごう!
というものでしたが、
内容は、
私の開業までの経緯と、
開業1年でやった売上に結びついたこと。

 

すべて体験談です。

 

ライブで聞いてくださった方、
Web動画で見てくださった方から、
実にたくさんの感想をいただきました。

 

複数の女性の方から、
こんな声をいただきました。

 

上山先生の経歴は、
まさに私と一緒です!

 

私の経歴が色々あったためか、
その一部を切り取って
共感してくれた方が何人もいました。

 

これは、
スピーカーとして
とても嬉しいことです。

 

私は講演やセミナーをするとき、
1人1人の顔を見て
話すようにしています。

 

熱心に聞いてくれる人がいると、
その人のことは、
長めに見てしまいます。

 

これ、相手にも伝わるようです。

 

講演やセミナーが終わってから、
私が長めに見ていた方は
必ず話しかけに来てくれます。

 

伊藤塾さんでは
60名くらいの参加者がいたので、
講演後は、
30名くらいの方とお話しました。

 

講演後に聞かれることは、
質疑応答とは違い、
個人的なお話になります。

 

私の話や活動に
何かしらの共感を
もってくれたことが分かります。

さて、
共感してもらい、
話に興味をもって聞いてもらったら、
最後に「いい話を聞いた」と
思ってもらいたいですよね。

 

そのための最大のポイント、
それは、
今からすぐに行動出来る話をすることです。

 

すぐに行動出来るのですから、
これは、大きなプレゼントになります。

 

聞いた後で、
「で、どうしたらいいのよ?」
なんて思われたら、
その話は価値があるとは
言えないかもしれません。

 

伊藤塾さんの講演では、
すぐに出来ること、
すぐにやった方がいいことを
いくつかお話しました。

 

やってみた人もいるでしょう。

 

自分には
難しいと感じた人もいるでしょう。

 

「何をやりたいのか
家に帰って書き出しました!」
というメールもいただきました。

 

行動に繋げてくれた方が
1人でもいると、
それはもう
スピーカー冥利につきます。

 

人は、つい、
自分の話したいことを
話してしまいがちですが、
人に話をするときは、
相手が何に興味を示すのか
相手に何をプレゼント出来るのか
この2つを真剣に考えることが大切です!
shossy003 ショッシー★わんポイントアドバイス

伝え方に悩んだら、
このページがお勧めだよ!
↓ ↓ ↓
伝えたいと思ったら、この5冊

ランキングにも参加したよ!
応援してくれると嬉しいな~♪
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

それじゃあ、また明日。
ショッシーゆ~~♪

ピックアップ記事

関連記事一覧