ポジショニングについて考えよう

マーケティング

スポンサードサーチ

ポジショニングについて考えよう

 

ポジショニング。

 

もしかしたら、
聞いたことがない方も
いるかもしれませんね。

 

ポジショニングとは、
グロービスのMBA用語集によると
次のように表現されています。

 

ポジショニングとは、
ターゲット顧客の頭の中に、
自社製品について独自のポジションを築き、
ユニークな差別化イメージを植えつけるための活動。
顧客に自社製品の
ユニークな価値を認めてもらうことで、
競合製品に対して
優位に立つことを目的にしている。

 

分かったような、
分からないような、ですよね。

 

これを行政書士で考えると、
2つの考え方が出来ると思います。

 

行政書士というのは、
書類の作成や申請業務という
サービスを持っているのですが、
行政書士自身が
商品のようなところもあると思います。

 

つまり、ポジショニングを考えるとき、
行政書士の場合は、

 

①自分自身のポジショニング
②商品・サービスのポジショニング

 

という、
2つのポジショニングを考える
必要があると思うのです。

 

特に!
自分自身のポジショニングが
大切なんじゃないかと思います。

 

つまり、

 

遺言書だったら○○先生
NPOだったら△△先生

 

のように、
業務でポジショニングしたり、

 

名古屋なら××事務所
福岡なら◇◇事務所

 

のように、
地域でポジショニングすることも
出来ると思います。

 

よく、
地域で一番!という言葉を聞きますが、
あれは、ポジショニングの一例ですね。

 

自分自身のポジショニング

 

これは、すぐには出来ません。
知名度や実績は、
どうしても必要になるからです。

 

知名度を上げるため、
つまり、
人に知ってもらうためにすること。

 

これは色々な方法がありますが、
ブログやセミナーは
誰にでも
それほど難しくなく、
すぐに出来る方法だと思います。

 

問題は何をやるかで、
ちゃんとポジショニングを考えて
ブログタイトルを設定し、
ブログの内容を作成し、
それと連動した
セミナーを開催することが必要です。

 

自分には何が出来るのかも、
ポジショニングを考える上で
重要な要素になるでしょう。

 

そして、
グロービスMBA用語集にもあるように、
ターゲットを設定することが
とても重要です!

 

誰をターゲットにするか、
これを変えるだけで
まったく別のポジショニングにも
なり得るくらいです。

 

また、
市場も重要ですね。

 

そのポジションを
必要とする人がいて、
売れる市場があって、
初めてポジショニングが
生きて来るのです。

 

特に開業直後は、
事務所をどうしようとか、
実務をどう勉強しようかとか、
どこかで実務をさせてもらいたいとか、
バタバタと時間が過ぎてしまいがちです。

 

一度じっくりと、
自分のポジショニングについて
考えることも必要かもしれません。

 

その上で、
思い描くポジションに向かうために、
今何をするべきなのか、
しっかり考えてみるといいかもしれません。

 

私も時々立ち止まるようにしています。
そして、
自分のポジションがどうなっているのか、
軌道修正が必要なのか、
または、
ポジショニングの変更が必要か、
考える時間を取っています。

 

ただがむしゃらに動いてるだけでは、
思った位置に行けないのは、
どんな仕事をしていても同じです。

 

理想の地図を描き、
ゴールに向かって
常にコンパスで位置を確認する。

 

昔から言われていることですが、
開業したことで
地図とコンパスの必要性を
実感しています。

 

ポジショニング。
これを機に、考えてみませんか?

 


 

shossy003 ショッシー★わんポイントアドバイス

 

ボクのポジションは
行政書士ブログに登場する
コメントするキャラクターかな。
あんまりいないよね、きっと。

 

ボスは開業前から
ゆるキャラ作る!
オリジナル商品を作る!って
ずっと言ってたから、
そのうちボクのイラスト付きの
ボールペンとかクリアファイルを
作り出すんじゃないかな~。

 

楽しみ♪

 

ピックアップ記事

関連記事一覧