アイデアは考え方の違う人に話してみる

マーケティング

グレー四角001 アイデアは考え方の違う人に話してみる

 

 

新しいアイデアが浮かぶと
最初にダンナに聞いてもらっています。

 

というのも、
うちのダンナは私と違いとても保守的で、
そのくせ私には、
多大なる期待を持っているからです。

 
どうなるかと言うと、
一旦反対されます。

 

反対というか、
私のアイデアに対し、

 

えーー、そんなの聞いたことないけど、
本当に大丈夫なの?
どこで思い付いたの?

 

と、不安を示して、詳細を聞いて来ます。

 

そこから私のプレゼンが始まります。

 

保守的な人が相手なので、
プレゼンは一度では終わりません。
そんなに簡単には理解してくれませんし、
認めてもらうには相当な時間が必要です。

 

実はこのショッシー★サロンも
数ヶ月間プレゼンした結果、ついに、

 

あ、そういうこと!
上手く行く絵しか浮かばない!
1日も早くやった方がいいよ!

 

と、前向きな言葉を勝ち取り、
動き出したプロジェクトなのです。

私への多大なる期待があるので、
始めたからには応援し続けてくれます。
私は勇み足を防ぐため、
この方法を取っています。

 

自分とは違う考え方の人に聞いてみる。
一度否定してもらう。
納得出来るところまで
アイデアを具体的な方法に落とし込む。
ストーリーで未来を見せる。

 

この間に
相手が納得するだけじゃなく、
自分自身も納得の行く方法が見つかります!

 

ゴーサインが出たときは、
かなり具体的になっているので、
取りかかるだけです。

 

考え方の違うタイプの人の意見を聞く。
これ、お勧めです!

 


 

 

shossy003 ショッシー★わんポイントアドバイス

 

ということは、

ダンナが賛成しなければ、

ボクもいなかったってことか!

 

ダンナを納得させられないくらいの情熱だったら、

やらない方がいいってことかな。

 
 
ランキングにも参加したよ!
応援してくれると嬉しいな~♪
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
 
それじゃあ、また明日。
ショッシーゆ~~♪
 
 
 

ピックアップ記事

関連記事一覧