共感という強力なキーワード

マーケティング

スポンサードサーチ

共感という強力なキーワード

 

 

開業前や、開業したばかりの方には、
仕事ってどうやって来るんだろう?と
思っている方も多いと思います。

 

私の経験では、
仕事は、自分を知ってくれた方から
入って来ると思います。

 

知り合いではなく、
何かで知ってくれた方です。

 

私の場合、
Webサイトかブログ経由が多く、
日々の記事を読んで共感してくれた方が
事務所を訪ねてくれることが多いです。

 

または、
セミナーに来てくれた方が、
私の話に共感して
事務所に相談にいらしてくださいます。

 

以前から感じていることですが、
共感はキーワードだと思います。

 

人は、
この人なら分かってくれるかも!
と思える人のところに
相談に行ったり、
仕事を依頼するようです。

 

最近仕事をいただいたお客様も、
私に共感してくれたのだと思います。

 

それでは何に共感するのかと言うと、
生き方や考え方で、
それを発信するのが
Webサイトやブログ、セミナーです。

 

紹介のお客様で充分な方もいるかもしれませんが、
私のように
人脈どころか友達もあまりいない方には、
紹介を当てにせずに
お客様を見つける仕組み作りが必要です。

 

偶然依頼をいただくお客様もいますが、
偶然だけで5年10年続けるのは難しいですし、
経営は不安定なままでしょう。

 

お客様を見つける仕組み作りのスタートとして、
私はWebサイト、ブログ、セミナーを勧めています。

 

それは、自分を知ってもらうための
一番手軽で、
押し付けがましくないツールだからです。

 

そして、
出来るだけ毎日続けることがお勧めです。

 

毎日何を書けばいいか分からない!
という声をよく聞きますが、
毎日書くと、良いことがたくさんあります。

 

まず、毎日書く習慣が付きます。

 

3週間続けると習慣になるそうですが、
書き続けていると、
書くことが当たり前になって来ます。
歯磨きのように、習慣化します。

 

そして、
書くためのインプットを欠かさなくなります。

 

毎日書くためには、
やはり日々のインプットが必要です。

 

今日の記事に参考になるものはないかと、
周囲を見る目が変わります。
アンテナが立ちます。

 

インプットが多いと発見も多く、
事業のアイデアなども浮かびやすくなります。

 

さらにアウトプットしたものを見た人と、
知り合いになったり、
仕事の依頼を受けることがあります。
これは、結構頻繁にあります。

 

つまり、
Webサイト、ブログ、
セミナーで発信すると、
自分自身の成長にも繋がり、
人との出会いにも繋がり、
仕事にも繋がり、
良いことしかありません。

 

今、ブログの他にも
このサロンの中で色々な記事を書いていますので、
1週間に2万字以上書いています。
これって原稿用紙にすると
50枚以上になります。

 

大学の卒論を100枚書いたのが、
今になってみれば、大したことないなと。

 

誰かの役に立つ内容になっていることを
祈るばかりです。

 


 

shossy003 ショッシー★わんポイントアドバイス

 

今週が終われば5連休!

と言っても、

うちのボスには関係なさそう。

 

個人事業はついつい

何時でも仕事をしてしまいがちだけど、

休みはしっかり取った方がいいと

ボクは思うよ!

 

ランキングにも参加したよ!
応援してくれると嬉しいな~♪
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
それじゃあ、また明日!
ショッシーゆ~~♪

 

ピックアップ記事

関連記事一覧