行政書士は何をする人なのか?

行政書士の仕事

開業前によく聞かれたのは、

「行政書士って何をする人なの?」

ということでした。

 

会社の同僚や先輩が、

何かを頼めるかもしれないから、

周りに宣伝できるかもしれないから、

何をする人なのか教えてと。

 

この質問、ちょっと困りました。

一言で説明することができず、

例えば、相続手続きとかなんだけど、と、

曖昧な表現になってしまったのです。

 

相続手続きと言われても、

実はそれだけでは

よく分からないのが現実です。

相続手続きという言葉自体は聞いたことがあるので、

あー!そうなんだ、 と、

言ってもらえることもありますが、

相手の人には、何をやってくれるかの具体的イメージは

涌いていないでしょう。

 

それでは依頼に繋がりません!

 

こちらがしっかり具体的なイメージを持っていないと

相手にも伝わらないんです。

開業する場合、

自分が何をするするのか、

何ができるのか、

しっかりイメージして、伝えられるようなりましょう。

 

例えば相続手続きなら、

亡くなった方の生まれてから亡くなるまでの戸籍を揃え

銀行や郵便局で預金の名義変更をしたり、

亡くなった方の不動産の名義を

相続人の名義に変えたり、

自動車や火災保険などの名義変更も

すべてまとめて頼めるのが行政書士なんです!

のように、

多少の語弊があっても

まずは引き受けられる仕事をイメージしてもらえるように

手続きを具体的に話せるようにしましょう。

 

これをいかに具体的にできるかが、

後々の仕事に大きく影響するはずです。

 

その人が何ができるのか分からなければ、

人は仕事の依頼なんてできませんからね。

これは、行政書士じゃなくても同じです。

自分が何をする人なのか、

何ができる人なのかを具体的に説明できるように

毎日イメージトレーニングしておきましょう。

 


shossy_fabicon001  ショッシー★わんポイントアドバイス

 

ボクは何ができるかな?

今は事務所の椅子に座って

お客様に和んでもらうくらいだな~。

 

もっと外に出て活躍したいな!

 
 
ランキングにも参加したよ!
応援してくれると嬉しいな~♪
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
 
それじゃあ、また明日。
ショッシーゆ~~♪
 
 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧