行政書士一年目の真実 好評発売中です

読んでおきたい本

2月4日の立春に発売した「行政書士開業一年目の真実」には、2013年9月に開業した私の実体験を綴ったものです。
開業一年目に起こった出来事のすべてを時系列に書きしるしました。

 

開業一年目は、想像以上に大変で、分からないことだらけな上に、サラリーマンとはまったく違う世界。
慣れないことが次々と起こりました。

 

最初は知り合いからの仕事の依頼があったものの、それがいつまでも続くはずもなく、しばらくはどうしたらいいのか悩むだけの日々が続きました。
営業が得意なわけもなく、友だちも少なく、交流会も苦手。
そんな私が、2年目に少しずつ軌道に乗せることが出来たのは、やはり一年目の行動があったからだと思います。

 

Webサイト(ホームページ)を作り、セミナーを開催し、ブログを書き、コミュニティーを主宰する。
その1つ1つについて、きっかけから、始め方、どんな反応があり、どんな風に売上に繋がっていったのか、具体的に書きました。

 

ツライことも、嬉しかったことも、批判覚悟で、すべて本当のことを書きました。

 

今、行政書士試験の合格発表を受けて、開業に対して不安や期待を抱えている人がたくさんいると思います。
また、開業したものの、何だかうまく行かないと、悩んでいる人もたくさんいるでしょう。
そんな方に、ぜひ読んでいただきたい一冊です。

 

kindleアプリは、スマホで簡単に無料ダウンロード出来ます。
通勤や移動のお共に、いかがでしょうか。
9万字というボリュームに、一年間のすべてを詰め込みました。

 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧