明日はマーケティングの講師を務めます

セミナー・イベント

今月は、セミナー講師の仕事が続いています。

残すはあと3つ。

その内の1つ、明日は伊藤塾の行政書士実務開業講座でマーケティング戦略についてお話します。

 

明日お話するのは、行政書士に必要なマーケティングについてです。

行政書士も他のビジネスも、基本的には同じだと思いますが、具体的なお話をすることが私のセミナーの特長だと思っています。

行政書士のためのマーケティングであれば、私の経験を生かした話をすることで、実践に結び付けることが可能ではないかと思います。

再現性のあることを提示するのが、私のセミナーの目的の1つです。

 

毎回ギリギリまで、何を盛り込もうか悩みますが、今回は作成したテキスト自体が結構なボリュームになり、これに沿って話すことで3時間が終わりそうな気もします。

テキストにも事例等を取り入れながら書きましたが、その場の雰囲気に合わせた話を盛り込むのが、ライブの良さだと思っています。

実は私自身が想像していなかった話が、私の口から飛び出すことはよくあることで、参加者と一緒に作り出していることを実感します。

 

行政書士にはもともと仕事が存在しているような錯覚にとらわれがちですが、開業して仕事を取るためには、相当な労力が必要になります。

同じ時間と神経を使うなら、実を結ぶことに使いたいですし、仕事が入って来る仕組みを作りたいものです。

マーケティングを知ることで、「何となく○○する」から「戦略的に○○する」に変わります。

成果に大きく影響するのは間違いありません。

 

但し、戦略をもって取り組んでも、すぐに効果が出るわけではありません。

一番大切なのは、コツコツ続けること。諦めないことです。

これができるかできないかが、未来を変える鍵なのだと思います。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧