気分が乗らない時は、ちょっと休む

日々の話

期限付きの仕事がいくつかあったり、セミナーや勉強会が重なっている時は、気が重くなることもあります。

結果、悪い方向には進まないのは分かっていても、責任を感じて重くなる。

まあ、それくらいのほうが、仕事をやる上ではいいのでしょうね。

 

ただ、あまり根を詰めすぎると、精神的によくないようです。

これは、若い時に決めたことなんですが、ストレスを溜める前に休む!。これ、重要です。

無理してストレス溜めると、結果、周りに迷惑をかけることになるものです。

自分を開放できるのは自分しかいないので、これも健康管理の1つとして、しっかりやって行きましょう。

 

特に家族との関わりなどでストレス溜めがちな人は、仕事でさらに溜め込まないようにしましょう。

色々悪循環になりそうですから。

私の場合は、娘はベトナムで楽しく仕事をして自活していますし、ダンナも離れた実家暮らしとなり、仕事も順調です。

おかげさまで、自分のことをしっかり管理していればいい状態になりましたので、ますます仕事に集中しやすくなりました。

その分、仕事を入れ過ぎることにならないよう、気をつけないといけませんね。

 

ただし、あまりがっつり休んでしまうのも、仕事に戻るのが難しくなりそうですよね。

だから、ちょっと休む技を見つけようと心がけています。

 

例えば、ゆっくりしたい!と思った時に浮かぶのは、旅行とか、温泉とか、読書とか、映画なのですが、どれも今抱えている仕事にいい影響を与えない気がして、もう少し我慢することにしました。

これは、開業4年目に突入する9月から愉しむことにします。

今、ちょっと休む方法としてやっているのは、入浴剤を楽しむとか、簡単な料理とか、ちょっと高いフルーツとか、お笑いのDVD、週一のマッサージです。

これくらいだと、1時間くらいゆっくりして、仕事にまた戻れるので、忙しい時の休み方として、私は気に入ってます。

あと、青山通り沿いを散歩も楽しいです。

 

もっとがっつり休んでも仕事に戻れるよう、また、その時間が取れるよう、工夫していきます。

ただただ忙しく仕事をして売上を上げても、魅力的とは言えないですよね。

自分自身も消耗するだけだなと感じています。

 

この毎日のブログタイムも、私には良い気持ちの切り替えになっています。

文字にすることで、何かを開放しているような気がします。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧