許可申請の建物要件を満たせるか

行政書士の仕事

8月中に申請したいものがありますが、初っ端から足踏み状態です。

障害福祉サービス施設の指定申請は、法人化し、人員要件と設備要件及び運営基準を満たす必要があります。

人員要件も厳しいのですが、一番難しいのは設備要件です。

施設となる建物が、建築基準法や消防法に適合している必要があり、これが、どうにもならない場合が多いのです。

 

申請する地域によって、提出書類の種類も違って来るのですが、今回申請する地域では、建築確認済証・検査済証が必要です。

この検査済証、1998年の時点でようやく38%の交付率だそうです。

その前は、5%から20%と言われているんです。

今回の対象建物は、昭和42年に建てられたもの。

役所に行ったところ、昭和42年以前の建築確認については、データ化してなくて、手書きの台帳を1枚1枚めくり、探し出すしかありません。

しかも、無い可能性もあるわけです。

地名も変わっている可能性があり、2時間近くかけて台帳を3冊見たところで、私の時間切れ。

出直すこととなりました。

 

とりあえず台帳にさえ載っていれば、建築台帳記載済証明書が取れて、それで何とかなるかもしれません。

それが無かったら、先には進めないのです。

 

他にも設備要件には色々な基準があり、クリアするのがとても大変です。

今までご相談をいただいた案件で、建物要件が満たなくて諦めたものもいくつかあります。

 

法律が変わる中で、基準も変わって行きます。

自分の専門分野については、法改正について、しっかりと追って行き、対策を考えて行きたいですね。

とは言え、どうにもならないものも多いのが現実です。

何とか次回、台帳から対象建物を見つけ出したいです!

 

ピックアップ記事

関連記事一覧