行政書士の売上の3つの種類

お金の話

スポンサードサーチ

良い事業をするために、まずは売上をつくろう!

良い事業を作るためには、ある程度の時間が必要です。
そのためには、継続するための売上が必要ですね。
お金がなければ、事務所を続けられません。
まずは売上をつくることが必要で、そのためには、売上のつくり方、種類を知っておくといいでしょう。

今日は大切な3つの売上の種類と、その作り方についてお伝えします。

売上のつくり方は3種類

ショッシー★サロンでは、行政書士が2年目に軌道に乗せるためのお勧めの行動ををメインに発信しています。
おそらく読んでくださっている方も、そこを聞きたくてサロンを訪ねてくれるのでしょう。
だからこれからも、売上について書いて行きますし、発信者の私自身も、売上のつくり方にはこだわって動いて行きます。

最近、過去の行動を振り返る機会が増えていますが、その中で、売上のつくり方についても、時々振り返り、考えています。
私は割りと早い段階で、売上のつくり方は3種類だなと考え、次の3つの売上をバランスよく取り入れることを意識しました。

  1. 日銭
  2. 高額
  3. 無償

日銭は、文字通り日々入ってくるお金です。

私たちが生活するためには、日々お金が必要です。
電車に乗るにも、ご飯を食べるにも、水を飲むにも、PC立ち上げるにも、何をするにもお金が出ていきます。
何もしなくても、水道の基本料金や最低限の税金は必要になります。
少なくとも生活に必要なお金くらいは稼がないと、事業を続けるなんて到底ムリです。
そのためにまず考えたいのが日銭で、何でもいいから今日明日にお金をもらえる商品サービスを作ることが必要です。

日銭を考える時、安い商品サービスを作り、毎日売れる仕組みを作るなど、低価格のものを考えるのが一般的です。

例えば私の場合、開業直後に考えたのがセミナーでした。
起業家、行政書士の開業者向けに、ホームページを格安で作れるセミナーと、マインドマップでビジネスプランやプロフィールを作るセミナーを作り、実施しました。
これは開業して3ヶ月目からスタートし、少ないながら毎回参加者がいたため、売上が0になることは避けることができました。

その後は、ストック収入にこだわり、定額で入ってくる売上を少しずつ増やすことができるようになりました。
1年目が終わる頃には、固定費(事務所家賃、光熱費、通信費等)を上回るストック収入を得ることができるようになっていました。
これは開業当初から「日銭」を意識した結果だと思います。
そして、この日銭やストックが定着すると、サービスの向上にもつながります。

例えば、最初は有料だったショッシー★サロンを無料化できたのも、サロン会費をもらわずにこのサービスを提供するだけの体力(売上)ができたからです。
毎月会員は増え、自分自身の中で無料化を決めてからも会員のお申し込みをいただいていたのですが、会費を手放し、無料化することで、このショッシー★サロンをもっと意味のあるものにできるのではないかと考えました。
たくさんの人に利用してもらえるというのは、とても意味のあるサービスだと思うのです。
これは、皆さんのサービスにもつながる考え方ではないかと思います。

日銭、ストックを意識することで、定額の売上を安定させ、サービスの向上につなげましょう。

 

高額商品と無料サービスは同じくらい重要です

私は事務所経営を自分1人でやって行こうと決めています。
そのためには、日銭やストックはもちろん、高額商品を作ることがとても重要になります。

例えば年商1000万円にする場合、1ヶ月の売上は約84万円必要です。
これは、達成するまでは結構大変です。

相続手続きを1件平均20万で受けるとすると、月4件では足りません。
会社設立手続きを1件30万で受ければ3件で目標達成ですが、その内報酬は1件につき6万くらいでしょうか。
売上目標だけ達成しても、手元に残るものがあまり少ないと厳しいですよね。

そんな中で、相続手続きが100万単位で受任できるサービスが作れたり、会社運営のコンサルとして月100万単位で契約できれば、その1件だけで目標は簡単に達成してしまいます。
これを実現するためには、サービスが優れている必要がありますし、自分自身の価値も高くないと難しいでしょう。

「いくら出してもいいから、あの人に頼みたい!」
という存在になることが、高額商品につながる入り口ではないでしょうか。

さて、そんな憧れの高額商品と同じくらい重要なのが無料のサービスです。

無料は消耗するだけ、お客様の質も悪い、という考え方もありますし、もちろん一理あります。
ただ、「無料でもやりたい!」と思える事業を持っているかどうかというのは、事業継続にとても大きく影響して来ると思うのです。

例えば、ショッシー★サロンの無料化です。
これは、開業直後から2年目まで、そしてこれから行政書士になりたい人に対して、Webを使って自分の経験や知識を発信することを「無料でもやりたい」からできたことです。
お金にならないならやらない事業であれば、売上が気になりますが、無料でもやりたい事業は、売上を気にせずに自分のやりたいことをやりたいようにできます。
この状態は、楽しいですよ!

「応援したい」気持ちと「Webサイトで発信したい」気持ちが一緒になって、自分自身が楽しみながら続けているショッシー★サロンは、仕事と思わずにできる場でもあります。
この場を通してホームページ制作の依頼をいただくなど、次の楽しい事業にも発展しているので、無料でありながら、別の売上につながる事業とも言えるでしょう。

実は無料で提供しているサービスで、別の売上につながることは珍しいことではなく、この場合、無料サービスを楽しみながら提供できていることが重要なのではないかと、私は感じています。
「無料でもやりたい!」と思える事業を持てることは、実はとても幸せな状態と言えるでしょう。

 

気になるお金の話を誰もしない

3種類の売上については、開業当初、様々なセミナーに参加し、その後の懇親会で売上が大きく上がっている人の話を聞く中で、自分自身の中でまとめました。
売れている人はどんなことをしているんだろう、100億売り上げている経営者(士業ではなく)は、どんなことをしているんだろうと、その方たちが持っている商品サービスについて読み解いて、この3つの売上が重要だと気付きました。
そこから何年も過ぎた今でも、日銭、高額、無償の3つが重要だと、変わらず考えています。

お金の話、売上の話は、誰もが気になることだと思います。
でも、人があまり話したがらず、なかなか聞けないのがお金の話です。
「教えてください」と言っても嫌な顔され、自分のことを話しても、それはそれで嫌な顔をされます。
開業する人にとっては、とてもとても気になることだと思うのですが、実際は情報不足ですよね。

ただ、人の売上の数字を聞いても、実はそれだけではあまり役に立ちません。
売上の数字と手元に残る利益は比例しませんし、大切なのはそこの数字に至るプロセスです。
どうしたらその売上に到達したのか。
私自身のプロセスについては、これからも包み隠さず発信し続けたいと思っています。

なかなか聞けないお金の話ですが、誰もしないからこそ、伝えて行こうと思います!

 

ピックアップ記事

関連記事一覧