あなたの商品は、なぜ買ってもらえないのか

値段と価値が一致した時にモノは売れる

あなたが決めた値段は、買ってもらえる値段ですか?

独立開業してから、勉強のためという気持ちもあり、勧められるもの、勧められたセミナーには、お金を惜しまず使って来ました。

もともと、お金は使わなければ回って来ないと考えていますし、情報や知識を増やすためのお金は、特に惜しみたくないと思っています。

惜しみなく使った結果、開業1年目で使ったお金は、セミナーや勉強会だけで100万円を超えていました。

セミナーで勧められた書式や本、セミナー後の懇親会なども入れると、かなりの金額になっているはずです。

もう、勧められるままに買っていましたので。勉強のために。

 

それで勉強になったのは、買う必要のないものが分かったことと、買ったことを後悔する時がどんな時なのか、身をもって体験できたことです。

これはためになる、今買うと絶対お得だよ、という言葉を聞きながら買ったものがほとんどですが、ためにならないものももちろんありましたし、お得どころか、勧めてくれた人にキックバックが入ることを後で知る場合もあります。

そのキックバックがなければ、もっと安くなったのでは?という考えが浮かんだこともあります。

ためになるか、お得と感じるかは、買う方が決めることであって、売る方が判断することではないのかもしれません。

値段を決めるのは売り手ですが、それを適正かどうか判断するのは、買い手なのです。

 

 

商品があるのに、なかなか買ってもらえないのはなぜか

売上がなかなか伸びないのは、商品・サービスがなかなか売れないからですよね。

どうして売れないんだろうと悩んだら、手持ちの商品・サービスが適正価格なのか、もう一度考えてみましょう。

同じような商品・サービスはどれくらいの値段を付けているのか、リサーチしてみることも大切です。

ただ単に値段を比較するのではなく、売れている同じような商品・サービスと自分のものは、どこが違っているのか、どこをどう変えれば売れるのか、色々な角度から比較してみるといいでしょう。

 

売れているものより高いのに、質が劣っていたとしたら、それはあなたが有名人で熱狂的なファンをたくさん抱えていない限り、売るのは難しいかもしれません。

クオリティを上げることか、値段を下げることが必要になるでしょう。

または、熱狂的なファンをたくさん作るという方法もあるでしょう。

買ってもらえない理由は必ずあります。

そして、買われている理由も必ずあります。

この辺りの研究にしっかり時間を使うことが、今、あなたに必要なことなのかもしれません。

 

 

人はどんな時にお金を出すのか

忘れてはいけないのは、人は安いから買うのではなく、どんな高いものにもお金を払うということです。

先月は自分の誕生月ということもあり、高額セミナーに2つ参加し、iphoneとipad proを購入しました。

結構な金額になりますが、すべて満足度が高いです。

iphoneが10万円弱だったのですが、これは私のサービスで言うと、自筆証書遺言より少し高いくらいの値段です。

ふと考えました。

私がお手伝いしている自筆証書遺言書は、iphoneくらいの役に立っているんだろうか?

 

答えはすぐに出ました。

自筆証書遺言書を間違いない内容で書き、こちらで保管し、連絡方法を設定し、遺言執行に繋げるというのサービスは、心配事を解消するだけでなく、結果的にiphoneが何台も買えるくらいのお金を守ることになるでしょう。

争いを未然に防ぐことで、争いに使う金額や時間を使わなくて済むことになるのです。

これを基本料金6万円で提供しているのは、少し安いくらいだろうと判断しました。

おそらくお客様も、6万円で効力のあるものが作れるなら安いという気持ちで依頼してくださるのでしょう。

皆さん、金額を含め、このサービスにはとても満足してくださっています。

 

 

人は物を買う時、サービスを利用する時、常に判断している

値段が高くても、それが適正であると感じられれば、人はお金を払います。

もっと言えば、自分が払うお金よりも良いものを手に入れたと感じたら、それは満足度をグッと上げることになります。

100円なら安い、100万円は高い、ということではないのです。

200万、300万の価値を感じることができれば、100万円は安くなるのです。

つまり、得したーーって言う気持ちですね。

これを手に入れた時、人は安いと感じます。

これを買ったら、これを利用したら得するんじゃないか、そう思ったら、人はお金を出します。

 

宝くじなんてどうでしょうか。

当たるわけがないと思っても、人は行列を作って買いますよね。

当たるかもしれない、と思うからです。

300円が7億円になるかもしれない!そした人生が変わるぞ!!と、思うからです。

でも、本当のところは、当たる確率が低いことは分かっているので、はずれて紙屑になっても、誰も文句は言いません。

それどころか、また並んで買ったりもします。

人は夢を見たがる生き物なのかもしれませんね。

 

さて、あなたの商品・サービスには、お得感がありますか?

これを買ったら、未来が変わるかもしれないという、期待感はありますか?

 

 

関連記事

  1. やはり継続するしかない!

  2. 行政書士開業で手に入れた43のリスト 17アイデアは簡単、事…

  3. ターゲットを絞ろう

  4. 勉強仲間を作りませんか?

  5. 売上を伸ばしている人の共通点

  6. 好きなことをして、売り込まずに売ろう

行政書士の勉強会開催スケジュール

お勧め記事


ブログ一覧