5年目を機に会社を創る理由

個人事業開業5年目に会社を創る3つの理由

行政書士が軌道に乗って来ました

2013年9月1日に開業した行政書士事務所は、
1年目の売上が247万円だったにも関わらず、
「3年目に年商1000万を達成します!」
と言い続け、年商を倍々にし、
目標達成することができました。

売上にこだわったのには理由があって、
「喰えない行政書士」というイメージを払拭し、
資格で食べて行くこともできる!という
選択肢を1つ増やしたいと思いました。

選択肢を1つ増やすということは、
1つ自由を手に入れるということです。
選択肢が多ければ多いほど、
人は自由になる可能性を手に入れます。

若いうちは、
何をしなくても選択肢はたくさんありますが、
40を過ぎたら、
選択肢は自分で作る必要があります。

そして、
「食べて行く」には、やはりお金が必要です。

だったら、まずは売上に集中する。
そうやって立てた目標が、
行政書士の9%と言われている
年商1000万円というステージでした。

コネや経験なく達成する方法が分かれば、
それは誰にでも再現できるはずだと思いました。
単に目標を達成するのではなく、
人に伝えたいという強い想いが、
今の状況を作ったのだと思います。

 

ホームページ制作が楽しい

3年間、ひたすら売上のことばかり考え、
休みなく仕事ばかりしていたため、
時には

「売上は欲しいけど、
そんな風にはなりたくない」

と、言われたこともあります。

売上を上げる方法を知りたいだけなのに、
お金にこだわっている人と見られるのは
不本意だなと感じたこともありました。
だけど、人の目なんて変わるものです。
それよりも、自分の目標達成に集中しました。

そんな中で手に入れたのが、
ホームページを作るスキルです。

もともと人に会って売り込みが出来ない私は、
何とか「売ってください」と言われる
仕組みが作りたいと考えていました。

その仕組みが、
ホームページで作れる!と確信したのは、
2年目に入った頃でした。

いくつかのホームページと、
アメブロに毎日記事を書いていましたが、
そこからの問合せが増えて行き、
直接仕事に繋がるようにもなっていたのです。

相手から来てくれるというのは、
営業が苦手な私にとって
本当に嬉しい流れでした。

この方法を伝えたい!
もっとホームページを作りたい!
という気持ちが、
日を追うごとに強くなって行きました。

しかも、
ホームページを作ることが
どんどん楽しくなって行き、
それと共に、
ホームページの制作依頼が
舞い込むようになりました。

お客様ありきで始めるビジネスは、
理想的であり、実は基本です。
始める前からお客様がいる状況を作り出せるのも、
ホームページの特徴と言えるでしょう。

こうして、自分が楽しむ中で始まったのが、
ホームページ制作事業でした。
この度、このホームページ制作事業のための
会社を創ることに決めました。

 

自由な生き方を探し続けたい

個人事業として開業し、5年目を迎え、
変わらず自由な生き方を追求しています。
みんなが同じ方向を向かなきゃいけない時代は、
ずいぶん前に終わっているはずなのに、
まだまだ多様性を受け入れるには
至っていないのが現実のようです。

生きづらさから
悲しい選択をしてしまう人たちは
後を絶ちません。

私に出来ることなんてわずかなことですが、
今出来る精一杯のことを
伝えて行けたらと思っています。

会社の名前は、
「株式会社エフ」です。

fには、feel fancy-free(自由気ままに)
という意味が込められています。

また、いつも私の転機を作ってくれた
コンピュータで使われている16進数の
最後のアルファベットfにも因んでいます。

Webを使って自由に仕事が出来る世界は
すでに目の前に広がっています。
あとは、固定観念に囚われた自分を変えるだけです。

5年目は、今まで以上に
起業開業のサポートをして行きます!

会社設立を良いきっかけにして、
自由な働き方、自由な生き方を提案し、
サポートしたいと思います。

5年目は、
特別な年になりそうです!

 

関連記事

  1. 言葉にすると行動に繋がる理由

  2. 起業、開業に悩んだら、最初にすること

  3. あえてコンフォートゾーンを避けよう!

  4. 朝をミカタにつける

  5. ハプニングを楽しもう!

  6. 女性起業家セミナーでお話したこと

行政書士の勉強会開催スケジュール

お勧め記事


ブログ一覧