マーケティングとは?

マーケティング

今さら聞けないマーケティングについて

スポンサードサーチ

分かりやすく解説しよう

マーケティングは売上を作る流れ

「開業時にマーケティングを知っていれば、
今頃売上は倍になっていたはず!」
そんな言葉を時々
売れっ子行政書士の先生から聞くと、
「こんなに売れている人でも
最初からマーケティングを知っていたわけじゃないんだー」
と、ちょっと驚きます。

それくらい、
マーケティングを知らずに開業するのは、
よくあることなのでしょう。

そもそも、資格試験に合格すれば、
それだけで開業できる行政書士にとって、
マーケティングどころか、
実務のやり方も何も分からず
スタートしてしまう人は多いのです。

売上を作るためには、何をしたらいいか、
なんて考え出すのは、
少し先になるのが一般的です。

事務所はどうしよう、
事務所名はどうしよう、
東京と神奈川、どっちにしよう、
というのが、
開業時の一般的な悩みです。

マーケティングどうしてる?なんて、
開業時の人たちの間では
あまり話題になりません。

だからこそ、知っておきたいのが
マーケティングです!
だって、知っているだけで差がつくから。

でも、今さら聞けない。
誰に聞けばいいの?
という人も多いかもしれません。

そこで、
今日はマーケティングについて
簡単にまとめてみます。

見出しにも書きましたが、
マーケティングとは、
一言でいうと「売上を作る流れ」です。

「流れ」なので、段階があります。
私は次のように5段階に分けて考えています。

  1. 知ってもらう
  2. 問い合わせをもらう
  3. 会ってもらう
  4. 買ってもらう
  5. また買ってもらう

この5段階一つ一つについて
やり方を考え、整えて行くのが
マーケティングです。

段階があるので、
まずは
「どうしたら依頼してもらえるんだろう」
ではなく、
「どうしたら知ってもらえるんだろう」
から始めます。

知ってもらう方法が確立したら、
次に、問合せをもらう方法を考えます。

それぞれの段階に対して、
いくつかの方法を手に入れることも大切です。

例えば、知ってもらう方法なら、
ホームページ、
広告、
SNS(Facebook等)、
ブログ、
看板、等々、
ある程度お金をかけてでも、
土台をしっかり作ることが必要です。

5つの段階を
一つずつ丁寧に作り上げて行くことが、
開業当初は特に大切です。

 

マーケティングの前にやることがある

実は、「知ってもらう」前に
やるべきことがあります!

何を誰に知ってもらうのか、
これをしっかりと決めることです。

「何を」は、
自分自身のブランディング(専門決め)、
商品・サービス作りにあたります。

「誰に」は、
ターゲット(お客様)ですね。

ここが決まっていないと、
広告を出すにしても、
ホームページやブログに記事を書くにしても、
誰に向けて、何を知らせて行ったらいいのかが
分からないのです。

行政書士事務を開設しました!
と言っても、
多くの人は行政書士が何をする人なのか
まったく知らないのです。

開業を知らせても、
誰からも問い合わせはないでしょう。

あるとしたら、
知り合いからの「安くやってよー」という
お願いでしょう。

そうじゃなく、
継続して売上につながる仕事が欲しいなら、
やはりターゲットを決めて、
その人に向けた商品・サービスを
他の事務所とは違う特長を付けながら
作って行く必要があります。

これが、マーケティングです。

結果、売上を作る流れができるのです。

 

マーケティングは時間がかかる!

そんなわけで、
マーケティングは時間がかかります。

もっと手っ取り早く売れないの?
という方に伝えたいのは、
そんな方法はありません!
ということです。

継続的に、永続的に、
売上を作りたいのであれば、
時間をかけて
しっかりと流れを作ることが大切です。

もし、
手っ取り早くと考えるなら、
その方法は続かないでしょうし、
価格競争に巻き込まれることが
予想されますので、
お勧めしません。

さらに、
手っ取り早くと考える人に
仕事を頼みたい人は
どんな人だろうと考えると、
そのスタンスが
ターゲットを絞ることにもつながると
言えそうです。

 

まとめ

マーケティングとは、
「売上を作る流れ」のことです。

一言で言ってしまうと簡単ですが、
実際にやってみると
売上につながるまでの時間が
結構かかるものです。

でも、
いったん作った土台は、
継続的、永続的な売上につながるもので、
ここに時間をかけられる体力を持つことが
起業を成功させるために
重要と言えるでしょう。

成功は、成功するまで諦めないこと!

これは、
成功者みんなが言っていることです。

諦めなければ、必ず成功します!
コツコツ続けて行きましょう!!

 

ピックアップ記事

関連記事一覧