本を読まない読書会をやりたい

セミナー・イベント

本を読まない読書会って、面白そう

本は好きだけど、読書会には参加したことがない

本が好きです。
本は色々なことを教えてくれるし、
どう感じようと自由だから。
いつでも読めるし、
どこでも読めるし、
途中でやめてもいいし、
すべて自由だから。

そんな、自由なところが好きなので、
読書会というものには行ったことがありません。
ちょっとめんどくさそうだから。

イメージとしては、
難しいことを言った人が優勝!
みたいな雰囲気なのかな、と。

参加したこともないのに、ごめんなさい。
でも、イメージとしては、
今のところそんな感じです。

 

読書会って、みんなで同じ本を読むの?

さらにイメージを膨らませると、
読書会って、
本が一冊決まっていて、
それをみんなで読んで来て感想を言ったり、
その場でみんなで読んで感想を言ったり、
または、本ではなくて、テーマが決まっていて、
そのテーマに合った本をそれぞれが持ち寄って、
それについて感想を言ったり。

つまるところ、
読書会=本の感想を言う会
なのかな、と。

そうなると、
みんなと同じことがしたくない私には
ちょっと不向きなのかなと思い、
参加出来ずにいました。

 

自分でやるなら、こんな読書会かな

でも、読書会がやりたい!
これはもう、5年前から考えていました。

それで、ちょっと閃いたのですが、
本を読まない読書会って、よくないですか?

具体的に言うと、
私が「これ良かった!」と思った本を
ただただ紹介する、という会です。

私は読みます。
読み込みます。
マインドマップにもまとめます。
それをシェアする会です。

本は買わなくていいし、
読まなくていいので、
誰でも参加できます。
そういう気楽で自由な会なら
私も参加したいなと思います。

わがままでごめんなさい。

来年はこのわがままな読書会を
やってみようと思います。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧