最終的に手に入れたい「なりたい自分」を考えてみた

イメージできない未来はやって来ない

なりたい自分を考えてみる

開業したての頃から聞いていたのが、
自分がどうなりたいのかイメージできなければ、
進む方向も分からないし、
変われないよ、という言葉。

しかも、イメージだけではダメで、
「こういう人になりたい!」というモデルがないと、
なりたいイメージには近づけないらしい。

これ、実は大学4年の時に、
教育実習の教授に言われたことと同じで、
その言葉によって、
私は教師になるを諦めました。

「これまでの学生生活の中で、
こういう教師になりたいという人がいないなら、
理想の教師にはなれない」

これを聞いた時に、
「あ、いない」と思った私は、
迷わず教師の夢を諦めました。
尊敬する教授だったので、
その言葉はグサリと胸に刺さりました。

まさか教師だけの話ではなかったとは。

自分がどうなりたいか、というイメージは、
成功するために欠かせないものなんですね。

だからもし、
行政書士になろうとしている人が、
開業を決めた人が、
行政書士に良いイメージを持っていなかったら、
その時点で、ちょっと心配です。

まずは、こういう行政書士になりたい!という
モデルを探すことが必要かもしれません。

なりたい自分になるための方法を考えてみた

私には「こうなりたい!」というモデルが見つかり、
ライフスタイル含めて
少しずつ具体的な目標として
落とし込んでいます。

モデルが見つかっても、
まったく同じになることは不可能なので、
(例えば、性別や年齢に違いがあるなど)
自分自身がモデルに近づくための
方法やゴール設定が必要になります。

これが決まって来ると、
日々の行動や、仕事の考え方も、
少しずつですが、具体的に変化するようです。

私の場合は、
今、考え方に変化が生まれ、
特に時間の使い方について
具体的なゴールが見つかりました。

あとはそれを達成するための
具体的な方法を考え、
行動して行くだけです。
もちろん、簡単ではありませんが。

 

今すぐ出来ることをやってみる

自分や生活を変えるために一番重要なのは、
何と言っても行動です。

人生において最大のリスクは何もしないこと、とか、
人生最大の失敗は、行動しないこと、という
名言がありますが、
本当にその通りだと思います。

行動しなければ、何も変わらないどころか、
何も始まらない。
ずっと0の地点にいることになります。

つまり、
いつまで経っても理想になんて近づけません。
なりたい自分は、
近づいて来てくれません。
自分から近づいて行くしかないのです。

だから、
今すぐ出来ることをやってみるのは、
本当に大切な一歩です!
一歩を踏み出すことが、
自分の未来を大きく変えるのですから。

何の経験もないのに、
思い切って開業して良かったと思うのは、
行動したことで、人生を変えられたからです。
ツライこともたくさんありますが、
その経験があるからこそ、自分を変えられると思うと、
また立ち直って動き出せます。

なりたい自分になるために、
明日は何をしますか?
スケジュールをどんどん埋めて、
行動を積み重ねてみませんか?

 

関連記事

  1. 気分が乗らない時は、ちょっと休む

  2. 行政書士開業で手に入れた43のリスト 01名刺の印象は1秒で…

  3. 行政書士開業で手に入れた43のリスト 16偶然じゃない仕事を…

  4. 行政書士開業で手に入れた43のリスト 17アイデアは簡単、事…

  5. お金の話

  6. 電話の不便さ

行政書士の勉強会開催スケジュール

お勧め記事


ブログ一覧