8月30日に売上の話をします!

セミナー・イベント

スポンサードサーチ

熊本地震チャリティーセミナーで講演

起業3年目に年商1000万円を達成する5つのヒント

8月30日14時から、熊本地震チャリティーセミナー・講演会が開催されます。

当日は3つのセミナーが実施されますが、そのうちの1つ、15時40分からのセミナーで講師を務めます。

3年目の終わりに売上の話をする機会をいただけたことを、とても嬉しく思っています。

 

セミナーでは、タイトル通り「起業3年目に年商1000万円」を達成するためのヒントを5つのポイントに分けてお話します。

このセミナーを作るために、この3年間を振り返り、これが目標達成のポイントだったなと、再確認することができました。

 

 

目標達成には、様々なポイントがあります

年商1000万円というのは、実はそれほど高い収入ではありません。

経費のかけ方にもよるとは思いますが、サラリーマンで言うところの年収1000万円とは違います。

ある程度の経費をかけないと達成できない金額でもありますし、それが人件費や外注費だったりすると、手元に残るのは役職のないサラリーマンくらいかもしれません。

それでも、1つの大きな到達目標ではありますし、ここをクリアしないことには、次には進めないのです。

行政書士の場合、78%が年間売上(年商)が500万円未満というデータがありますので、年商1000万円は簡単ではないことが分かります。

 

3年間を振り返り、この目標達成には、様々なポイントがあったと感じています。

まとめればまとめるほど、抽象的な言葉になります。

例えば、自分を知ってもらうため、インパクトが大切だ!、とか。

じゃあ、そのインパクトを与えるために何をしたかというと、それはもう色々なことをしたわけです。

5つのポイントに絞る時、できるだけ具体的な話にしたいと思いつつ、出て来る言葉は抽象的な言葉が多かったのが印象的でした。

もちろん、8月30日のセミナーでは、具体的な方法を中心にお話する予定です。

 

 

一番重要なのは、営業ではなかった

この3年間、とにかくあまり休まず、動き続けました。

人にもたくさん会いましたし、セミナーや勉強会にもたくさん参加しました。

社長が集まる飲み会や、謎の食事会にも、誘わるままに行ってみました。

住む場所を都内に移してからは、電車がなくなる時間になっても帰れるからと、明け方までその場に残ることもありました。

付き合いはある程度大切なんだろうなと信じて。

でも、1、2度人に会ったからと言って、仕事になんかつながりません。

もちろん、それを分かった上で参加していますが、合う人、合わない人はいるので、営業スタイルというのは、自分にあったものを取るのが一番なのでしょう。

 

3年色々やってみると、自分のやり方が少し確立するようです。

合わないことをやっても消耗するだけですから、良い方向には向かいません。

 

そんな中で、やはり一番重要だなと思うのは、家族の協力です。

成功している人は家族への愛が強いなとは思っていましたが、それがないと仕事は良い方向に進まないと強く感じます。

家族に協力してもらうと言うよりは、自分自身が常に家族へ感謝を伝えること。これが重要だと思います。

家族の大切さは、この3年間で何よりも実感したことです。

目標達成の具体的な方法と一緒に、この話は必ずしたいなと思っています。

 

8月30日は、ぜひ目標達成のための5つのヒントを聞きにお越しください。

セミナーの詳細、お申込み方法は、こちらのページをご覧ください。

 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧