自ら掴む女性の本当の幸せ 第一回 起業のキッカケ

取材

スポンサードサーチ

自ら掴む女性の本当の幸せ 第一回 起業のキッカケ

名古屋TERACOYA パネルディスカッション

 

2015年12月26日に開催された日本最大級の起業家イベントTERACOYAで、起業を通して手に入れた女性の本当の幸せをテーマに、女性起業家5人によるパネルディスカッションが行われました。女性の起業を成功させ、本当の幸せを手に入れるヒントが提示されたこのパネルディスカッションの様子を4回に分けてお伝えします。第一回目は「起業のキッカケ」です。

 

パネリストは、株式会社アクションパワー代表取締役大津たまみさん、株式会社つづみプロジェクト代表取締役冨田鼓さん、ビューティリア代表宮本佳実さん、株式会社キャスター取締役本林早苗さんの4名、モデレーターは株式会社ハグニケーションズ代表取締役高木さと子さんが務めました。
モデレーターからの質問にパネリストが順に答えて行く形式で進められ、起業のキッカケに始まり、お話は今後の事業の展望にまで及びました。

 

まずは自己紹介を兼ねて、それぞれの起業のキッカケについて語られました。
モデレーターの高木さんの起業のキッカケは、ご主人の病気だったというお話に続くそれぞれのキッカケは、必要に迫られたものが多いというのが印象的でした。
お掃除の会社を9年前に立ち上げた大津さんは、立ち上げ当時の様子を次のように話してくれました。

キッカケは、家庭生活からのリストラでした。
シングルマザーになった自分を雇ってくれる会社が見つからない中、無いなら自分で創ればいい!と考えました。
自分自身を一生雇用しようと決め、ボロボロのコーポの一室を借り、お掃除の会社を立ち上げました。
生活のため、単価の高い事故物件のお掃除も積極的に引き受けていたところ、遺品整理の仕事が増えて行き、その流れで2003年には生前整理の会社も立ち上げることになりました。(大津さん)

大津さんは現在、4つの会社や協会の代表を務められ、そのすべてのキッカケが女性が生きやすい社会を作りたいという想いなのです。
ご自身が起業される際に、自宅で起業だったために住所が公開出来なかったり、打合せの場所に困ったりした経験を生かし、女性に場を提供するサービスを作るなど、事業のすべてが体験に基づいたものです。

料理研究家として飲食店のフードプロデュースも手掛ける冨田さんの起業のキッカケも、シングルマザーになったことでした。

起業のキッカケはシングルマザーになったことです。
大好きな料理を仕事に出来ないかと考え、経験も人脈も資金もないところからスタートしました。
コツコツ貯めていた500円貯金が55万円になっていて、これを使って会員制の異業種交流会に入り活動しました。
これをきっかけに、周りからの助けを得て、少しずつ軌道に乗って来たんです。(冨田さん)

現在は料理だけでなく、エステの立ち上げもされている冨田さんですが、やはり根底には女性の自立を助けたいという気持ちがあるそうです。

パーソナルスタイリストとして活躍中の宮本さんは、前出の2人とは違い、お子さんはいらっしゃいませんが、起業する中で離婚を経験されています。
この経験を生かし、洋服のスタイリングだけでなく、女性のワークスタイルの提案もされています。

25歳の時に企業を辞めて司会の道に進みました。
その後、ファッションが好きだったこともあり、洋服を選ぶ仕事がしたい!と思ったんです。周りの意見は賛否両論でしたが、パーソナルカラーを学び、事業を立ち上げました。
この経験を生かし、女性の起業を応援したり、働き方を変えるお手伝いがしたいと考えています。(宮本さん)

 

さて、本林さんは現在お子さん3人をご主人と一緒に育てながら、仕事をしながら妻も母もやりたい!という、ご自身の希望を叶えています。
40歳を機に起業した本林さん。2014年に二つめの会社を立ち上げ、順風満帆に見えますが、やはりここに辿り着くまでの苦労はたくさんあったようです。

企業の秘書として仕事をする中で、結婚し、出産も経験しました。
子育てをしながら仕事をするのはとても大変で、どうしてもすべてのしわ寄せは家族に行ってしまいます。
その時に思ったんです。これは私だけではなく、周りの女性も悩んでいるはずだって。
そこで、女性に働きやすい場、仕事を提供する事業の立ち上げを決意しました。(本林さん)

本林さんは、女性の雇用創出の場としての事業を立ち上げ、法人化もしています。
スタッフは海外を含め300を超えるそうです。

 

パネリストの皆さんに共通する想いは、やはり自分と同じ女性が活躍しやすい社会を作ること。これに少しでも近づくよう、自分に出来る好きなことをやり続けているというのが印象的でした。

 

さて、自らで掴む女性の本当の幸せ、第二回は「女性と仕事のバランス」についてパネリストのお話をまとめて行きます。
男性とは違った仕事と家庭に対する考え方、バランスの取り方について、学ぶことの多いお話がたくさんありました。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧