行政書士開業の10のポイント その3

行政書士はじめの一歩 第3回

事業を考える上で一番大事なこと

行政書士になる方の共通点として、社会貢献をしたいという気持ちが強いことが挙げられるでしょう。
人のためになりたい、社会を良くして行きたい、その気持ちはとても大切なのですが、もっと具体的に「誰のために」なって「どんな社会に」したいのか。そのために「今自分が出来ることは何か」考え、それを事業にする必要があります。

それでは、事業とは何でしょうか?

事業とは、「生産・営利などの一定の目的を持って継続的に、組織・会社・商店などを経営する仕事」のことで、これを個人で行う場合を「個人事業」と呼び、その事業を行う個人のことを「個人事業主」と言います。行政書士として個人で開業する場合は、この個人事業主にあたります。

「なぜ」行政書士として生きて行きたいのか?が、実は一番大切です!

事業を始める場合、「なぜ」それをしたいのかがとても重要になります。あなたは「なぜ」行政書士になりたいのですか?
この「なぜ」が明確になっていないと、売上がなかなか上がらない時期に、事業を継続することが難しくなるかもしれません。自分自身が事業の意義を分かっていなければ、軸がぶれた経営になりがちですし、お客様から見ても何を専門としているのか分からず、安心して依頼出来ないと感じられてしまうでしょう。

「WHY」は人を動かします!

サイモン・シネックが提唱するゴールデンサークルというフレームがあります。これによると、人は「What 何を(売るのか)」ではなく「Why なぜ(売るのか)」に心を動かされると言います。

例えば、PCを売りたい場合、What⇒How⇒Whyで伝えると次のようになります。

我々のコンピュータは素晴らしく、美しいデザインで簡単に使え、親しみやすい商品です。ひとつ買いませんか?

これを逆にWhy⇒How⇒Whatで伝えると次のようになります。

我々のすることはすべて、世界を変えるという信念で行っています。違う考え方(Think Different)に価値があると信じています。私たちが世界を変える手段は、美しくデザインされ簡単に使え、親しみやすい製品です。こうして素晴らしいコンピュータができあがりました。

はじめに「Why」にあたるビジョンを伝えます。人々はこれに共感するからこそ、その商品を手に取る。これが「Why」からはじまるストーリーなのです。

この「Why」は、人々だけでなく、提供する自分の心をも動かします。企業理念、経営理念が大切と言われているのも、同じ理由からでしょう。事業を始める前に、必ず次のことをしっかりと考えてください。

◇あなたは誰を助けたいですか?

◇あなたはどんな喜びが欲しいですか?

◇あなたにとって幸せとは何ですか?

◇あなたは仕事で何を達成したいですか?

事業を開始してからも時々自分に問いかけることで、あなたの「想い」を確認することをお勧めします。
自分自身の想いを明確にし、ビジョンを示せる行政書士になることで、「あなたに頼みたい!」とお客様から言っていただけるようになるはずです。

 

私は今、遺言書の作成業務に追われていますが、この業務を始めたきっかけは、父の突然死と、それを機に母が要介護の認知症になったことです。
原因不明で亡くなる人が7人に1人という時代の中で、まさに自分自身が70代の父を突然亡くすことになりましたし、認知症や介護の問題が、今は常に隣りにあります。
遺言書には出来ることがたくさんあり、それによって争い事や心配事を防ぐことができる。そしてそれは、認知症になってからでは遅いのです。そう気づいた時に、どうしてもそれを伝えたいと思いました。
この想いがあるからこそ、遺言書の依頼をいただいていることは間違いないでしょう。

明日は「強みを生かす方法」というタイトルで、自分の強みの生かし方についてお話します。お楽しみに!!

 

関連記事

  1. 発信すると、どうなるのか?②

  2. 個人事業こそ高額商品を持とう ②

  3. Webサイトで自分の商品・サービスをアピールしよう!

  4. ポジショニングについて考えよう

  5. 誰のためにブログを書くのか

  6. ホームページを作ろう その1

行政書士の勉強会開催スケジュール

お勧め記事


ブログ一覧