行政書士開業で手に入れた43のリスト 04事務所でモチベーションを上げる

blog

スポンサードサーチ

リスト04 開業4ヶ月前

事務所でモチベーションを上げる

5月に入り長いゴールデンウイーク真っ只中のある日、私は夫と連れだって事務所物件を1つ見学しました。
勤めていた会社には、年に3回長期連休があり、ゴールデンウイークは9連休となります。
実はこの9日の間に、私の開業の意志は一気に固まりました。9連休というのは、それくらいのパワーがあります。
いえ、本当はこの9連休という時間以上に、私に開業の意志を固めるパワーをくれたものがありました。それが、この時に見学した事務所物件だったのです。

事務所のホームページやFacebookページをご覧いただくと、事務所の外観や内装が分かってもらえると思いますが、外看板も内装も、すべて開業準備中に行いました。

一度、ここでかかった金額をセミナーで公表して、参加者からかなり引かれましたので、ここでは控えますが、どうやら引かれるくらいの金額を事務所にかけていたようです。

もし開業するなら、小さな事務所を借りよう。
固定費を抑えるのは、基本中の基本だと、初めは私も考えていました。
開業のセオリーみたいなものを、まったく知らなかったわけではないのです。
でも、インターネットで調べて事務所物件を見ていると、駅から少し離れた場所で、小さなワンルームとなると、お客様どころか、私が通いたくなくなりそうだと思いました。

本人が行きたくないと思う事務所に、お客様が来てくれるはずがないと思ったので、事務所作りの基準は、「私が毎日通いたくなるような事務所」にしようと決めました。資金は退職金と貯金で何となるから、あとは、かけた分を売上で取り返せばいいのです。青色申告の繰越損失のことも聞いていたので、結果、これは節税になると考えました。

そんな時、自宅からも近く、駅の目の前にある物件を見つけました。二車線道路沿いの5階なので、光もたくさん入りそうです。

40㎡で家賃は管理費、看板使用料併せて11万5千円。
とりあえず予定もないし、見に行かないかと夫を誘いました。

夫を誘った理由は、もうお分かりかと思います。
「リスト02開業準備に家族を巻き込む」では、実務家講演に夫と一緒に参加した理由を書きましたが、それとだいたい同じです。
私と全く違う、保守的な夫にも見てもらい、判断してほしいと思いました。

事務所の賃貸は、開業と直接つながるものですから、「今後、ビジネスパートナーとして関わって行くかもしれないことを感じ取ってもらおう」という気持ちもありました。

結果、これは大成功でした。
見学した事務所に2人とも一目ぼれし、それが開業へのスピードを一気に加速させたのです。
夫は「自分も使いたいから」と、理想的な意見を述べ、その日から、一日の大半リノベーションについて調べるようになりました。

実はこの傾向は、自宅のリノベーションをした際に気付いていて、人は好きなことには自ら進んで取り組み、時間を割き、お金を支払うのだなと知りました。
思惑通り、スケルトンの事務所は、OAフロアになり、110インチの電動スクリーンが付き、天井からプロジェクターを吊り、LED照明にし、遮光ブラインドが付き、この部分については、半分以上を夫が出資することになったのです。

さらに、3人で作業できる充分なスペースとなったため、後に会社を一緒に作ることになる3人の絆が、ここで強くなったのは間違いないでしょう。
私にとって、この3人の関係は特別で、3人の想い無しでは、仕事の継続も難しかったと思います。事務所作りの際に、3人で想いの共有や将来的な話がたくさんできたのは、今の私のパワーの基礎になっているはずです。

このリノベーション期間は本当に楽しかったです。これからこの事務所で開業するんだ!という気持ちが、どんどん膨らんで行きました。
会社から退職を認めてもらうまでに時間がかかったこともあり、まさに事務所でモチベーションを上げた数ヶ月となりました。

このリノベーションについては、写真を掲載してブログを書いています。スケルトンから今の状態に変わるまでの様子は次のページに載っています。興味のある方は、ぜひご覧ください。

 

玄関扉のガラスを変え、クリーム色に

リノベーション ビフォーアフター

こだわった黒天井と黒エアコンの取り付け完了

外看板の取り付け(道路許可を取ってクレーン車で取り付けする様子)

 

ピックアップ記事

関連記事一覧