仕事につながるブログを書く方法 その1

マーケティング

開業したらブログを仕事につなげよう!

開業準備中からブログを毎日書いていた私には、ブログの良いところが色々分かっています。
実際に1年目に入った仕事のほとんどがブログがキッカケでしたし、開業3年目に入っても、ブログは重要な営業ツールです。
仕事につながるからこそ、やってもらいたい。
そう思い、開業する人には必ずブログを勧めますが、続く人が少ないのはとても残念です。

では、なぜ続かないのか?
この理由も、私にはよく分かります。

おそらく、なかなか仕事につながらないから、本当にブログを書くことが意味があるんだろうか?と、やめてしまうのでしょう。
そんな時は「なぜあなたのブログが仕事につながらないのか」考えてみてほしいのです。

つながらない理由は実は3つしかありません。まずはこの3つを把握しましょう。

 

ブログが仕事につながらない3つの理由

 

どうしてあなたのブログが仕事につながらないのか。その理由は次の3つです。

  1. 見ている人がいない
    そもそもブログを読んでくれる人がいなければ、仕事にはつながりません。
    まずは、人の目にとまるブログにすることが必要です。
    ブログ記事を書いたらSNSで告知したり、広告を出したり、検索ワードで上位表示されるようにSEO対策することでアクセス数を上げましょう。具体的な方法については、今後記事にして行きます。
     
  2. 見づらい、読みづらい
    せっかくアクセスされても、そのページが見づらかったり、読みづらかったり、魅力が感じられなければ、読んでもらえない可能性があります。
    インターネットの世界では、みんなとても忙しくて、知りたいことをすぐに知りたい、欲しいものがすぐに買いたいのです。
    ストレスを感じるようなページからは、あっという間に離脱してしまいます。
    文字の並べ方、改行の頻度、画像の入れ方、文章の読みやすさなど、工夫することはたくさんあります。
    これは、たくさん書くことでトレーニングするしかありません。
    徐々に質を上げて行きましょう。
     
  3. 仕事を依頼したい気持ちになる記事がない
    これは文章力の問題だけではありません。
    そもそもあなたのブログには、商品・サービスについての詳しい記述がありますか?
    どこに問い合わせたらいいのかが表記されていないブログは少なくありませんし、商品・サービス自体が書かれていないものも多いです。
    仕事につなげたいのであれば、あなたがどんな商品・サービスを持っているのか、それはどんな方法で買えるのか、買ったことで何がどう解決されるのか、実際に解決出来た人はいるのかなど、お客様が依頼したい気持ちになるように誘導する必要があります。まずは、お客様の悩みを解決できるような商品・サービスを作ることが必要です!

 

仕事につながる記事を書こう!

 

ブログを始める人によく聞かれることは、「内容は仕事に関係なくてもいいんですか?」というものです。
私は「最初は書けることを書けばいいと思います。続けることを目標にしましょう!」と、答えます。
「続けること」はポイントの1つですから、まずはそこにフォーカスしていいと思います。

ただし、仕事につなげたいのであれば、仕事につながる内容を書かなければ意味がありません。
少しずつブログを書く習慣がついてきたら、仕事につながる内容を書いて行きましょう。

そのために準備したいことは、次の通りです。

 

  1. ブログで告知する商品・サービスを作る
  2. その商品・サービスを売りたい人(ターゲット)を決める
  3. ターゲットに向けて、商品・サービスを分かりやすくブログに書く
  4. ひたすらターゲットに響く記事を書き、ブログを見てもらえる状況を作る

 

この流れでブログを続けて行けば、問合せが来るようになり、売上につながります。
まずは、ブログで告知する「商品・サービス」がしっかりできているのか、見直してみましょう。
そもそも買ってもらえる商品・サービスがなければ、仕事につながることはありません。

 

ターゲットが知りたいことを書こう!

 

ブログで告知したい商品・サービスとターゲットが決まれば、あとはターゲットの悩みを知り、それを解決する方法を考えるだけです。
ターゲットにしたい人にどんどん会うことも必要でしょう。
どこに行ったら会えるのか分からなければ、セミナーなどを開催して集める方法もあります。
どうしたら集められるのかも考えて行きましょう。

セミナーを開催するにしても、それを告知する方法も考える必要があります。
最初は知り合いに集まってもらうのもいいですし、すでにセミナーを開催している人と一緒にやってみるのもいいでしょう。
自分と同じようなターゲットを設定しているセミナーに参加し、ターゲットに会う機会を作ってもいいと思います。

これは、すべて開業一年目に私が実行したことです。
読んでもらえるブログを書くためには、ターゲットの本当の悩みを知ることが大切ですから、積極的に行動しましょう。

 

仕事につながるブログタイトルを付けよう!

 

さて、ブログを書くにあたってやるべきことがたくさんあると分かってもらったところで、テクニック的なことを1つ書いておきます。
効果的なブログタイトルの付け方についてです。
効果的というのは、「検索された時にページの上の方に表示され」「読みたいと思われてクリックされる」ことです。

ブログのタイトルは、検索された時に次のように表示されるため、ブログの内容がしっかり分かるようなものにすることが大切です。

例えば下の図は、「仕事につながるブログ」で検索した結果です。
今読んでいただいている記事が、3位になっていることが分かると思います。(2017年8月27日の結果です)

赤枠で囲った「約1,630,000件」とは、「仕事につながるブログ」という検索ワードでヒットする記事の数です。
つまり、163万件ある記事の中で、今読んでいただいている記事は3位ということを示しています。

このように、自前のブログを作り、検索上位に上げることは、書き方さえ間違えなければ可能です。

 

また、タイトル名の文字数ですが、28文字までにまとめることがお勧めです。
記事の内容を28文字にまとめる練習は、良いタイトルをつけるためにも意識的にやってみましょう。

参考までに、今回のブログのタイトルとして、次のような候補を考えていました。
結果、一番分かりやすいかなと思うものをタイトルにしました。
タイトルはかなり重要なので、意識して行きましょう。

  • 仕事につながるブログ
  • 仕事につながるブログを書く方法
  • ブログを書いて仕事を依頼されるには
  • ブログから仕事につなげる方法
  • 仕事につながるブログタイトルの付け方

次回、「仕事につながるブログを書く方法 その2」では、検索ワードの調べ方や使い方についてお話しします。

 

仕事につながるブログを書く方法 その2を読む

ピックアップ記事

関連記事一覧