仕事につながるブログを書く方法 その2

あなたのブログ、ターゲットは誰ですか?

 

前回は、仕事につながるブログを書く方法 その1 として、なぜ仕事につながらないのか、どう書いたら仕事につながるのかについて書きました。
今回はその続き、そもそも誰に向けて書いてるのかを考えてみようというお話です。

 

検索ワード=悩みを打ち明ける言葉

 

SEOという言葉を聞いたことがない人はいないと思いますが、どんな対策をしたらいいのかを本当に知っている人は少ないです。
いまだにSEOをテクニック的なものだと誤解している人も多いはずです。
もちろん、多少テクニック的な部分もありますが、今のポイントはそこではありません。

SEOとは、検索順位が上の方に来るように対策することを言います。

例えば、会社設立の仕事がほしいと思っている場合、「会社設立」で誰かが検索した時に、自分のホームページやブログが1ページ目に表示されていれば、クリックされる可能性が高いわけです。
これが、30ページ目に表示されたりしたら、まずクリックされることはありません。
ホームページを検索する場合、だいたい1、2ページくらいまでしか見ないのが一般的ではないでしょうか。
1ページに10個のページが表示されるとすると、検索順位が20位までに入っていてほしいところですね。

だけど、実際に会社を作りたい人って、「会社設立」というワードで検索するのでしょうか?

検索ワードを知るツールとして、グッドキーワードというツールをお勧めします。
これは、登録なしで気軽に使える便利ツールです。
キーワードを入れると、そのワードと組合わせて使われている検索ワードが表示されます。

例えば「会社設立」を入力すると、次のように表示されます。

会社を作りたい人がどんなワードで検索するのか、グッドキーワード等を使い、検索ワードとして頻繁に使用されているものを知ることは大切です。

でも、何か大事なことを忘れていませんか?

 

検索するのは誰なのか?

 

「会社設立」と言っても、定年後の人、外国人、主婦のように、誰が検索するのかによって、検索ワードは変わってくるはずです。

例えば定年後に独立を考えている人だったら、「定年後 独立」「定年後 会社設立」のように、「定年後」と組合わせて検索するはずです。
実際、このワードの組合せで検索してみると、「定年後 独立」では66万7千件、「定年後 会社設立」では21万6千件ヒットします。(2017年8月時点)
この場合、「会社設立」ではなく、「独立」を使って記事を書いた方が、検索される可能性が高くなるでしょう。

外国人の場合、「外国人 会社設立」では42万件のヒットですが、「外国人 起業」にすると318万件になります。
となると、「外国人 起業」というキーワードで記事を書いた方が、検索されやすくなると考えられます。

このように、誰が検索するのか、または、誰のために検索するのかによって、検索ワードは変わって来ます。
ということは、「誰」つまりターゲットを絞ることが、SEO対策としてとても重要になってくるのです。

 

誰に検索して欲しいのか?

 

逆に考えると、自分がお客様にしたい人を想定して記事を書くことで、理想のお客様に記事を検索してもらえます。
私たちは様々なお客様を想定して仕事をしていますが、こんな人から依頼されたいなーという、理想はやはりあるはずです。
理想のお客様に選ばれるためには、そのお客様の悩みをしっかり把握し、どんな検索ワードで調べるのかを想像することが大切です。
想像した上で、そのワードを使った文章を書き、検索してもらいましょう。

記事だけではなく、タイトルや、ホームページ自体のタイトルもお客様の悩みを意識してつけましょう。

例えば、「かみやま行政書士事務所」とするのではなく、「相模原駅前の相続相談室」とか、「女性の会社設立をサポート」とすると、それぞれキーワードが入っていて検索されやすくなります。
誰をターゲットにしている事務所なのか、ホームページのタイトルにしておくことで検索順位が上がり、依頼につながりやすくなるでしょう。

ホームページの内容も、同様にターゲットを絞った方が検索されやすくなります。

相続、入管、会社設立、のように、色々な業務をタイトルや記事に挙げていると、それだけワードが分散され、SEO的には弱いページになります。
もちろん、総合ページとして事務所のホームページを作るのは悪くないと思います。
その場合、事務所ホームページとは別に、それぞれの専門ページもドメインから意識して作ることがお勧めです。

開業1年目の場合は、まだ専門を決めたり、絞ったりするのは難しいと思いますので、総合ページとして事務所のページを作り、徐々に専門サイトをオープンさせるのが現実的でしょう。
これを意識しながらブログやホームページを進めて行くと、戦略も立てやすいと思います。

次回「仕事につながるブログを書く方法 その3」では、さらに検索ワードについて掘り下げ、知っておきたいツールや使い方についてお話しします。

 

仕事につながるブログを書く方法 その3を読む

 

関連記事

  1. ストック収入 開業1年目の実際

  2. お金の話をしませんか?

  3. 営業が苦手な行政書士がやっておきたい3つのこと

  4. 安定した売上のために今すぐ出来ること

  5. やっぱりターゲットを絞らないと!

  6. 行政書士開業で手に入れた43のリスト 13会社は想いの実現の…

行政書士の勉強会開催スケジュール

お勧め記事


ブログ一覧