仕事につながるブログを書く方法 その3

マーケティング

そのブログ、仕事につながっていますか?

ブログを書くなら仕事につなげた方がいい!

 

「開業するならブログを書いた方がいい!まずは何でもいいから毎日続けてみましょう!」と、色々な所で話したり書いたりして来ましたが、実は本当のことを言えば、ブログに書く内容は何でも良いわけではありません。
毎日続ける習慣をつけるために、そして、ブログを続けることで自分に起こる変化を見るためには、最初は何でもいいと思います。まずは始める、続けることを目標にしていいと思うからです。

だけど、ブログを仕事につなげるためには、やはり内容は重要です。
せっかく書くのであれば、仕事につなげて行きたいですよね!

 

仕事につながるブログを書く方法 その1では、どう書いたら仕事につながるのか、
仕事につながるブログを書く方法 その2では、誰に向けて書いているのかを決めようというお話をしました。
ブログを仕事につなげるために一番大切なことは、お客様の悩みを把握して、それに答える記事を書くことだと分かっていただけたと思いますので、今回はどうやってお客様の悩みを把握したらいいのか、具体的な方法を書いて行きます。

 

お客様の悩み=検索ワード

仕事につながるブログを書く方法 その2でも書きましたが、検索ワードは、お客様の悩みを打ち明ける言葉です。
これが分かれば、お客様の悩みが分かったと言えるかもしれません。
実際にどんな検索ワードが使われているのかを知ることは、お客様の悩みに答える記事を書く上でとても重要です。
それではこの「検索ワード」を知るためにはどうしたらいいのでしょうか。

 

検索ワードを調べよう!

簡単な方法として、前回good keyword をご紹介しました。
こちらのページは、1つの検索ワードを入力することで、そのワードと一緒に検索されているワードを知ることができます。
例えば「起業 女性」で調べてみると、次のような結果が表示されます。

good keyword

「起業 女性」に続き、「起業 助成金 女性」「起業 女性 ブログ」「起業 女性 セミナー」と続いています。
つまり、女性の起業について知りたいと思う人が、助成金やブログ、セミナーについてネットで検索していることが分かります。
このワードをヒントに起業に興味がある女性に向けて記事を書く場合、次のようなものがアクセスされやすくなると考えていいでしょう。

「起業したい女性が知っておきたい3つの助成金」

「起業したい女性にオススメしたい7つのブログ」

「起業ってどうしたらできるの?と悩んでいる女性にオススメしたいセミナー」

上のように、検索ワードを自然に散りばめてタイトルを入れることが検索順位を上げることにつながります。
何に関する記事が書きたいのかが決まったら、それに関連する検索ワードを調べ、タイトルや記事に散りばめるようにしましょう。
もちろん、根本にある悩みを考えて、それに答えていく内容にすることが重要です。

 

自分のブログがどんなにワードで検索されているかを知ろう

仕事につなげるブログを書きたい場合、依頼してくれる人から検索される必要があります。
知り合いに見てもらっているうちは、仕事にはつながりません。
うまくキーワードを入れながらブログを書き始めると、少しずつ検索されるようになります。
この時に、どんなキーワードで検索されているかを知ると、自分のブログを読んでくれる人がどんな悩みを持っているのかを知ることができます。

自分のブログの検索ワードについては、Google AnalyticsとSearch Consoleを組み合わせて使うのがお勧めです。

Googleアナリティクスを利用開始する

これは、無料で使える分析ツールで、毎日のページビューやセッション数が分かるだけでなく、訪問者の行動フローや、検索ワードも調べることができます。

例えば、ショッシー★サロンの検索ワードは、次のようになっているようです。
※クリックすると大きく表示されます

 

このワードを参考にして、ここに出ている悩みに答える記事を書いていくと、アクセスを上げていくことができるはずです。
「行政書士 開業」は、ショッシー★サロン全体のタイトルにもなっているので、検索ワードとしてヒットしやすくなっています。
2位に上がっている「セミナー 準備 段取り」を取り上げて、セミナー準備について記事を書いてみるのもいいかもしれません。

仕事につなげたいのなら、やはり一工夫が必要です。
少しずつブログを書く習慣がついたら、ぜひ次のステップに移って行きましょう。

最終回「仕事につながるブログを書く方法 その4」では、Q&Aサイトを含む検索ワードを知るツールとその使い方をご紹介します。

 

仕事につながるブログを書く方法 その4を読む

 

ピックアップ記事

関連記事一覧