「?」が「!」に変わった時、波が来る

マーケティング

スポンサードサーチ

波を起こす人は批判を浴びる

流れは2年で変えることができるかも

 

私が注目している「売り方」に「オリラジのネタ」があります。
※お笑いに興味のない方、まったく分からない話になってしまったらすみません。

 

オリラジとは、お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」のことです。
お笑いの世界は売れるまでに10年かかるなんて珍しくなくて、それどころか、10年目のお笑いコンビなんて「若手」と呼ばれます。
15年、20年やっていても、まったく売れないコンビもたくさんいます。

 

その中で、オリエンタルラジオというコンビは、お笑い養成所を卒業した翌月に、テレビで「武勇伝」というヒットネタをやっていたというコンビなのです。
その後、デビュー3年目という史上最速で、冠番組(自分たちの名前が入った番組。例:週刊オリラジ経済白書)を持ち、当時のレギュラー番組は10本と、あり得ない勢いで売れて行きました。
ところが、あまりに速い売れ方に天狗になってしまったため(本人談)、そのレギュラー番組は、3年後にはすべて無くなっていました。

 

しばらく低迷気が続き、消えてしまうのかなと思われたオリラジですが、メガネの藤森が「チャラ男」キャラで再ブレイクを果たし、徐々に自分たちのポジションを掴むことになります。
2人とも高学歴ではありますが、特に慶応の経済卒という中田の方が、クイズ番組などで活躍し始めました。

 

さて、この2人が現在やっているネタを知っている人は、このサロンにはあまりいないかもしれませんが、このまま続けさせていただきます。

 

先日13日にオンエアされたお笑いネタ番組でも披露していましたが、今、彼らはお笑いと歌、ラップ、ダンスを組み合わせた、新しいジャンルのネタで勝負しています。
実はこのスタイルを最初に披露したのは、2年前の深夜番組でのことです。
今やっているネタは「PERFECT HUMAN」というものですが、それではありません。
ただ、構成としては、歌、ラップ、ダンスを組み合わせたものでした。
ダンサーは、今と同じ4人が参加していました。

 

この深夜番組は、数年前から年末恒例になっているネタ番組で、10数組のお笑いの人たちが新ネタを持ち寄ります。
私が楽しみにしている番組の1つです。
新ネタ披露というのは、緊張感もあり、その後の方向性が垣間見える瞬間でもあります。

この中で披露されたオリラジの斬新なネタに、当時の出演者は、全員「?」という顔をしていました。
何がやりたいの?と、MC含め苦笑いだったんです。
うちには関西出身のお笑いにはうるさいダンナがいますが、彼も「何これ?」と怪訝な顔をしていました。

 

ところが私は、これだ!!!って思ったんです。
だって、新しいじゃないですか。
お笑いネタなのに、歌、ラップ、ダンスって。
しかも、すべて完璧にこなし、ただ上手いだけでなく、面白い。
これは新しい風が吹くと思いました。
ダンナはあきれてましたけど。

 

それで、昨年末に披露したのが、新ネタ「PERFECT HUMAN」です。
この時もまだ、周りはちょっと「?」でしたが、少しずつ空気が変わっているのが分かりました。
この時の様子はネットでも話題になり、少しずつ口コミで面白いという評価が上がって来たのです。

 

そして先日のネタ番組での再披露。
私は、やった!!!と思いました。
何がやった!!なのか。
それは周りの反応です。
MCもお客様も、完全にうけているのですよ。
2年前に「?」だったものが、「!」となり、完全に受け入れられた瞬間だと感じました。

 

これ、2年という時間の流れと、本人たちの売り方と、完璧にやり続けるというスタイルが作り上げた波だと思うんです。
単なる継続ではなく、一旦すべてを失ったところからの再スタートを経たストーリーさえ感じられる仕上がりじゃないかと。

 

新しいことを始めると、周りは「?」どころか、色々なことを言って来ます。
誹謗中傷なんて、ネットの世界では日常茶飯事です。
でも、言われるということは、それが今までなかった新しいことで、周りに違和感を持たせているということです。
これを「!」に変えた時、ついにその波を起こせるわけです。
時間はかかるし、相当なパワーが必要ですが、波が起こせたら、絶対に勝ちです!

 

私の理想は、この「?」を「!」に変えて波を起こすこと。
それは難しいでしょうし、相当な時間とパワーを必要とするはずです。
でも、波が起こせたらと考えると、もう、ワクワクが止まりませんね。

 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧