• HOME
  • 開業準備 その前に

開業準備 その前に

開業準備 その前に

 

shossy003 試験に合格したら、最初に考えたいこと

 

行政書士試験はそれほど簡単なものではありません。

多くの人が1年以上必死に勉強し、

ようやく掴んだ資格と言えるでしょう。

合格率は、毎年10%を切る試験です。

1月末の発表で

自分の受験番号を見つけた時の喜びは、

私は今でも忘れません。

 

「これをキッカケに、人生を変えられるかもしれない」

 

そんな風に考える人も、

もしかしたらたくさんいるのかもしれません。

 

それでは行政書士試験に合格したら、

みんな人生を変えられるのでしょうか?

 

どんなキッカケもそうですが、

与える影響は人それぞれです。

思い切って行政書士として独立し、

人生を変えた人もいれば、

次の試験に挑戦するための

一歩に過ぎないと考える人もいるでしょう。

 

独立したはいいけれど、

仕事がなく、アルバイト生活に戻る人もいるはずです。

 

試験合格をキッカケに、

人生を好転出来る人と出来ない人。

この違いは、いったい何なのでしょうか?

 

ここで1つ質問です!

あなたにとって、

行政書士のイメージとは、どんなものですか?

一言で表現すると、行政書士って何でしょうか?

何をする人?

どんな雰囲気の人?

ちょっと考えて、出来れば書き出して欲しいのです。

 

書類作成のお手伝いをする人。

副業もしている人。

何をしているのかよく分からない。

チームで行動するのが苦手そう。

自由でのびのび好きなことだけしていそう。

 

いかがでしょうか?

自分なりの行政書士のイメージ、

言葉に出来ましたか?

 

さて、ここで考えて欲しいことがあります。

 

今、あなたが持っている行政書士のイメージは、

今後行政書士として開業する上で、とても重要なのです。

 

実は、あなたが持っている行政書士のイメージは、

あなたがなろうとしている行政書士の姿なのです!

 

もしあなたが、悪いイメージを浮かべてしまったら、

あなたはまず、

行政書士のイメージを

変えることから始める必要があるでしょう。

自分がどんな行政書士になりたいのか、

そのイメージなくして、理想の行政書士にはなれません。

 

今まで行政書士試験合格を目標にしていたように、

これからは、理想の行政書士というゴールを決めて、

進んで行きましょう!

 

どんな行政書士になって、

どんな仕事をして、

どれくらいの売上を出したいのか。

 

目標は具体的なほど達成しやすくなります。

まずはなりたい行政書士のイメージを持つことが、

成功の鍵となるはずです!

 


 

 

shossy003行政書士として開業するなら

 

行政書士は、試験に合格さえすれば、

すぐに開業することが出来ます。

実務が分からなくても開業出来る

珍しい資格と言えるでしょう。

 

「仕事が来ても分からないから、すぐには開業出来ない」

 

という考え方もあれば、

 

「まずは開業してしまって、

仕事をこなしながら実績をつけよう」

 

というやり方もあります。

どちらを選ぶのかは、個々の性格にもよるでしょう。

 

よく耳にするのが、

「登録しないと行政書士会の研修に参加出来ないから

登録だけでもした方がいいのか」

という声ですが、

確かに、

登録をしないと書士会の研修には参加出来ません。

 

但し、

書士会や支部によって研修の数や内容も違いますし、

書士会以外の場所で開業実務を学ぶことも出来ます。

この辺はしっかり調べることをお勧めします。

 

単に研修目当てに登録をしてしまうと、

思っていたよりも研修がなくガッカリ

ということもあるかもしれません。

 

また、登録をせずに「使用人行政書士」として

行政書士事務所で仕事をする方法もあります。

頻繁には募集はないかと思いますが、

実際に「使用人行政書士」をしている方はいます。

口コミやFacebookなど、

タイムリーに情報取得出来る環境を作りましょう。

情報取得には、

何よりもコミュニケーション能力が

必要になると思います。

 

さて、ショッシーサロンでは、

行政書士として生きてみたい

皆さんに役立つ情報を掲載しています。

 

開業準備については、目次からご覧ください。

私個人の体験を中心に書いたものですが、

開業準備の際に参考にしていただけると嬉しいです。