• HOME
  • 行政書士になろう!

行政書士になろう!

shossy003 行政書士になろう!

 

グレー四角001 行政書士の実態

 

行政書士試験の合格者は、毎年5,000人程度です。

合格しただけでは開業はできず、

日本行政書士会連合会への登録後に開業可能となります。

 

平成27年4月1日現在の個人登録者数は44,740人。

登録者数トップ5は、次の通りです。

 

東京     5,793

大阪     2,882

名古屋    2,756

神奈川    2,673

埼玉     2,256

 

※最新のデータはこちらを参照ください

 

総務省の資料によると、

平成25年度中の登録者数は2,737人。

これに対して、

平成25年度中の登録抹消者(廃業)は1,806人です。

 

この内、

行政書士試験に合格して登録した人は1,897人。

行政書士試験に合格して登録し、

廃業となったのは1,031人で、

この内、廃業届を出して廃業となったのは884人、

死亡が140人、取消し処分が1名です。

 

行政書士には、試験に合格して登録した人の他、

次のような資格を持つ人が登録できることになっています。

 

行政書士法 第二条

次の各号のいずれかに該当する者は、行政書士となる資格を有する。

 

 (1) 行政書士試験に合格した者
 (2) 弁護士となる資格を有する者
 (3) 弁理士となる資格を有する者
 (4) 公認会計士となる資格を有する者
 (5) 税理士となる資格を有する者
 (6) 国又は地方公共団体の公務員として
行政事務を担当した期間及び特定独立行政法人
又は特定地方独立行政法人の役員又は職員として
行政事務に相当する事務を担当した期間が通算して
20年以上(学校教育法による高等学校を卒業した者
などにあっては17年以上)になる者

 

平成26年度初めの行政書士登録者のうち、

(1)の試験合格者は 68.5%、

平成25年度中の廃業者のうち、試験合格者は57%です。

 

つまり、登録者のうち3割以上が、

行政書士で専業で生きて行きたいわけではないと

考えることができると思います。

平成26年度初めの行政書士登録者のうち、

(6)の人たちは20.6%。

登録者の2割は、一般的には公務員を退職し、

その後、行政書士として仕事をしている方なのです。

 

私の知っている(6)に当たる先生は、

3年間で2件の仕事をされたそうです。

中にはそういった、

何としても行政書士で食べて行くというわけでは

ない方もいらっしゃいます。

行政書士の年収が低いと言われているのは、

こういった状況も反映されているはずです。

 

 

グレー四角001気になる行政書士の年収

 

行政書士会連合会では、毎年アンケートを実施し、

行政書士の年間の売上の統計をまとめています。

ところがこのアンケート、回答率がとても低いのです。

とは言え、ある程度は参考になる数字なのでしょう。

 

このアンケート調査によると、

年間売上が1,000万円を超えるのは、

だいたい10%程度。

1億を超えるのは、

0.1%程度という結果が出ています。

 

また、500万円未満が一番多く、

75%程度を占めています。

 

この数字はあくまでも売上です。

ここから経費等を差し引くと、

手元に残る金額は

100万円単位で変わってくるでしょう。

 

私がこのサロンで

「2年目で売上500万円を目指そう!」

と言っているのは、

2年目で行政書士全体の4分の1に入ろう!

ということを意味しています。

実はこれは、

3年継続できるかどうかの

瀬戸際ではないかと思うのです。

 

はっきりしたデータはありませんが、

3年継続できない行政書士の割合は、

一部では9割とまで言われています。

さすがにそこまでは行かないと思いますが、

3年で廃業に追いやられる

行政書士が多いのは本当です。

 

初期投資をして開業するのですから、

2年で軌道に乗せ、

3年目にはサラリーマン以上を稼ぎたいというのが、

誰もが考えることではないでしょうか。

そのためにどうしたらいいのか、

何をすればいいのかを

実体験を基に書いているのが、

このショッシーサロンの特長です。

 

私自身の売上については、

会員ページで紹介して行きます。

1年目、2年目の目標と結果について、

詳しくお話して行く予定です。

ぜひ参考にしてください。

 

 

グレー四角001 行政書士は人気資格

 

通信教育大手のユーキャンによる

2015年上半期人気資格ランキングでは、

行政書士は8位にランキングされています。

2014年の調査では4位にランキングされていたので、

少し下がっていますが、

それでもトップ10入りしています。

 

私が行政書士試験に合格して驚いたのは、

周りの知り合いたちが

「実は私も一度行政書士を受けようと思って

勉強したことがあるの」

と、話しかけて来たことです。

1グループに1人は、

必ず行政書士を目指したことがある人がいるのです。

人気資格とは聞いていましたが、

本当なんだなと感じました。

 

ただ、

受験までした人は周りには少ないです。

毎年5~6万人が受験し、

合格率が7~10%の試験ですから、

不合格だった人と受験まで行かなかった人の数は、

相当なものでしょう。

 

合格率に関しては、

ここ数年10%くらいを保っています。

3年前までは、6~8%の合格率でしたが、

ここ数年の受験者の減少を反映してなのか、

合格率が上がっています。

 

合格者を

5000人程度に保ちたいということなのか、

合格者数の変動があまりないため、

受験者数が減ると、

必然的に合格率が上がって行くのです。

 

平成26年度に至っては、

行政書士試験の合格点の180点が

166点に下げられるという異例の措置があり、

合格率は、10%くらいなりました。

180点のままだったら

2%台だったと言われています。

つまり、

合格者の5000人が保たれたわけです。

 

こうなると、

今がチャンスと言えるかもしれません。

人気が少し下降気味の今こそ、

合格の可能性が高くなるとも言えるでしょう。

 

 

グレー四角001 受験資格はあるの?

 

行政書士試験は、

年齢、学歴、国籍等に関係なく、

誰でも受けられる試験です。

そのため、

学生や高齢者、外国人と、

様々な方が受験します。

これも人気資格の理由の1つと言えるでしょう。

 

試験は毎年1回、

11月の第2日曜日に実施されます。

平成27年度試験は、11月8日(日)です。

合格発表は、翌年1月最後の水曜日になります。

そのため、各専門学校では、

2月から合格祝賀会や実務家講演等が開催されます。

この祝賀会には、

模試だけを受けた人も参加出来ますので、

色々な学校で模試を受けて、合格した暁には、

色々な祝賀会に参加することをお勧めします。

ここでの出会いは、結構重要です。

 

平成27年度行政書士試験の詳細については、

一般財団法人行政書士試験研究センター

のサイトをご覧ください。

 

 

グレー四角001 合格する勉強法とは

 

生意気ではありますが、

初学者で1年勉強、

1回で試験に合格した経験から、

合格のためのお勧めの勉強法、

時間の使い方などをまとめてみました。

 

受験を控えた人、これから受験を考えている人、

参考にしていただけると幸いです。

 

行政書士試験に1回で合格するための13のこと

 

その1 毎日合格をイメージしよう!

 

その2 試験1年前からの通学しよう!

 

その3 Web講義を利用しよう!

 

その4 ブログを始めよう!

 

その5 講師ブログを活用しよう!

 

その6 受験を公言しよう!

 

その7 眠くなったら場所を変えよう!

 

その8 模試は3校で受けよう!

 

その9 効果的なノートを作ろう!

 

その10 憧れの行政書士を見つけよう!

 

その11 徹底的にスキマ学習しよう!

 

その12 初学者こそ記述対策しよう!

 

その13 直前2ヶ月は毎日4時間勉強しよう!

 

 

 

グレー四角001 合格したらすることとは

 

その1 祝賀会に行きましょう!

 

合格したらまずすることとして

各資格学校の祝賀会に

積極的に参加することをお勧めします。

 

模試は3校で受けよう!と書きましたが、

模試を受けるだけで、

その学校主催の祝賀会に参加することができます。

そのためにも模試を複数校で受けましょう。

 

祝賀会に行くと何が良いのか。

 

まず、合格した喜びに浸れます。

これ、実は結構重要で、

成功体験が深まり、

その先のイメージが明るくなります。

不安ばかりでは先に進めないので、

祝賀会に参加して

プラスイメージを手に入れましょう!

 

祝賀会では仲間もできますし、

来賓の先生と知り合うこともできます。

合格者のスピーチや、

講師からの心に響く話も聞けます。

きっと何かのきっかけになるはずです。

 

私も合格後は、

大原、伊藤塾、LECの祝賀会に参加し、

それまでWeb上で見ていた講師と

直接お会いしてお話し、

とても感激したことをいまだに忘れません。

 

とにかく毎日毎日講義音声を聞いていたので、

会ったこともない講師のことが

まるで想い焦がれていた人のように思えて

やっと会えた!!

という気持ちになってしまったのでしょう。

 

実際にお話すると、さっと冷静になって、

妄想も消えて行きましたが、

いまだに合格発表の時期になると

OGとして呼んでいただける場所もあり、

合格の喜びを一緒に噛みしめさせてもらっています。

 

 

その2 先輩行政書士の話を聞きに行きましょう!

 

私が合格後に聞きに行ったのは、

各学校で開催する無料イベントです。

すでに活躍されている行政書士の話が

無料で聴けるイベントは、

合格発表後の2月、3月に開催されます。

 

たいていは開業講座の宣伝で実施されますが、

どの学校も商品を押し付けてくることはありません。

純粋に実務家の先生の話を聞けますので、

ぜひ足を運んでみましょう。

 

私は伊藤塾とLECに何度も足を運び、

すでに売上を上げている先生の話を聞き、

行政書士の仕事をイメージするのに

とても役立ちました。

 

さらに私の場合、夫と一緒に参加したため、

行政書士について何も知らない夫も

仕事や売上についてイメージできるようになり、

楽な仕事ではないことも理解したようです。

 

この、家族と一緒に開業を考える時間は、

後々本当に意味のあるものになりました。

起業開業に家族の理解は必須です!

協力してもらうことも少なくないでしょう。

 

一緒に受験した友だちと参加するのもいいですが、

家族と一緒に実務家の話を聞きに行くというのも

お勧めです。

 


 

さて、今は自分が実務家として話をする立場になり、

あの頃自分が聞きたいと思っていたことを

話して行きたいと考えています。

私が聞きたかったのは「売上」のことでした。

結局年収はいくらなの?という、

素朴な疑問をいつも感じていました。

 

ところが今、開業3年目に入り、

これから開業する人たちに

売上について説明することの難しさを

少し感じ始めています。

 

年間の売上を言うのは簡単ですが、

その数字がどう作られたのか、

それが分からないと意味がないのかなと思うのです。

 

そこで、

このショッシーサロンでは、

売上のつくり方についてたくさん書いて行きます。

具体的に書いていくため、会員制にしていますが、

ぜひサロンメンバーになって

「行政書士1年目の真実」を最後まで読んでいただき、

2年目に売上に繋げる

1年目を過ごしていただきたいです!