• HOME
  • 開業39週目 2014年5月25日~5月31日 ターゲットは誰か

開業39週目 2014年5月25日~5月31日 ターゲットは誰か

ターゲットは誰か

開業39週目 2014年5月25日~5月31日

 

4月からマーケティングの勉強会に参加するようになり、
マーケティングとは何か、
マーケティングとは何のためにするものなのか、
具体的には何をしたらいいのか、という話を、
実際に結果を出している同業者から、月一で学んでいました。

5月には2回目の勉強会が開催されましたが、
この時にターゲットの重要性を学びました。

開業したての10月に初めてマーケティングというものを知り、
本を読んだり、セミナーに出たり、ネットで検索したりして、
少しずつその意味を知ることができましたが、
実際に何をして、どう結果に結びつけるかは、
すぐに分かるものではありません。

行動して結果を見て改善していく。
このPDCA(Plan Do Check Action)こそが、
成果につながる方法なのです。

1にも2にも、地道に積み上げるしかありません。

そうは言っても、
できるだけ早く結果を出したいと思った私は、
この時すでに3つの柱を決め、色々なことに着手していました。

起業支援では、創業融資や創業補助金に目をつけ、
無料レポートを書き、配布し、セミナーを企画していましたし、
女性起業家向けのセミナーも開催していました。

女性のコミュニティー、
かながわ微魔女会も2か月に一度開催しました。

開業準備中の行政書士向けのセミナーや、
事務所見学も実施していました。

エンディングノートのセミナーも企画し、
40代の女性に興味を持ってもらおうと
ブログやWebサイトに記事を書きました。

税理士との提携につなげるため、

訳も分からず、交流会等で知り合う税理士さんと
仲良くさせてもらっていました。

その結果、マーケティングの講師にこう言われました。

「上山さん、何をそんなに色々やってるんですか。
リソースは限られてるんですよ。
1つに集中しないと結果が出ませんよ。
上山さんが今やっていることは、
例えば3つのペットボトルに少しずつ水を注いでいるのと同じです。
少しずつ水を注いでも、
別のペットボトルに注いでいるうちに、
他のペットボトルの水は蒸発してなくなってしまいます。
つまり、いつまで経っても、どのペットボトルも空のままですよ!」

リソースが限られているのは、
個人事業の悩みどころだなと感じます。
そのため、協力者や提携先を見つけることが
とても重要になってくるのです。

ただ、このペットボトルの例えは、
私には納得が行かなかったのです。

開業直後から1つに絞って、
そこに集中して水を注ぐだけで本当に成果が出るんだろうか?
間違ったところに水を注ぐ可能性もあるんじゃないか。
リスク管理という点からも、
3つの柱は持っていた方がいいんじゃないか。

結果、自分の考えを信じることにして、
いくつかの活動を同時に行うスタイルを変えませんでした。

マーケティングの講師からのダメ出しは続きましたが、
結果が出るようになると、ダメ出しも減ってきたのです。

活動はいくつか同時に行いましたが、ターゲットは絞りました。
起業開業も、融資・補助金も、エンディングノートも、
ターゲットは自分と同じ40代の女性でした。

セミナーもレポートもブログも、
常に40代女性を意識して企画しました。

ここに統一感を持たせたのは、とても良かったと思っています。
誰向けなのかが決まっていると、
商品・サービスを作りやすくなりますし、
対象にしている、来てほしいお客様が来てくれるのです。

ターゲットを誰にするのか、悩む人も多いようですが、
まずは自分と近い人をターゲットにするというのも、
1つの手ではないかと思います。

自分の悩みを解決するものは、
時間をかけて本気で考えるはずですから、
あとは同じ悩みを抱えている人に、
その解決策をあげればいいことです。

自分と同じ悩みを持っている人は、実はたくさんいます。
その人をターゲットにして、
悩みを解決してあげる。これも1つのマーケティングですね。