ストック収入 開業1年目の実際

マーケティング

スポンサードサーチ

ストック収入の実際 ー私の1、2年目についてー

開業1年目のストック収入

ストック収入については、開業前の方からの質問も多いのと、
なかなか作れないという意見が多いのが実際です。
そもそも私がストック収入にこだわったのは、
開業当初に社労士さんから聞いた言葉がキッカケでした。

「行政書士は顧問契約が取れないから収入が安定しない」

その方は、開業4年で、すでに1億を売り上げていました。
自分と同じ女性の社労士さんだったこともあり、
この意見は頭から離れませんでした。

顧問契約のようなストック収入を作れば売上が安定する!!

そう信じて、自分が作れるストック収入を考え、
それを獲得するための方法を
具体的な商品・サービスにして行きました。

すぐに浮かんだのは、会社設立と組み合わせた会計記帳です。
本来は月2万円のところ、
開業記念で月9,800円という値段設定にし、
ホームページとパンフレットに載せました。

また、会社設立と一緒に
ホームページ制作を依頼してもらえば
値引きするというプランも作りました。

ホームページ制作については、
知り合いのITエンジニアのサポートを受けながら、
制作するつもりだったこともあり、
月々のサーバー管理やバックアップにかかる料金として、
毎月3,000円+消費税を設定しました。

ホームページ制作については
開業当初から問合せはあったものの、
実際に依頼されるまでには時間がかかりました。
月3,000円+消費税の管理費についても、
「何にかかる3,000円なの?」と、
怪訝な顔をされることもありました。

ここが、ストック収入を手に入れる第一関門かもしれません。
毎月決まった金額を支払うことを
嫌がる人はたくさんいます

それが100円だったとしても、
毎月もらうのはなかなか難しいはずです。
しかも、実績があまりないのであれば、なおさらです。

それでも諦めず、ホームページの管理費として、
月3,000円+消費税をもらう方法を考えました。
それがストック収入に辿り着く
近道のような気がしたからです。

私にはITエンジニア2人という、
他の人にはないものがあったので、
それを生かすしかないと思いました。

そこで考え付いたのが、Webサイト制作セミナーです。

現在実施しているものとは違い、
当時のWebサイト制作セミナーでは
ITエンジニアが作ったオリジナルのテンプレートを使い、
サンプル文章と画像を入れて、
WordPressの使い方を体験してもらい、
実際に使えるWebサイトを1つ作ってもらうセミナーでした。

ドメインは仮のもので、
出来上がったWebサイトは
そのままでは使えないものでしたが、
文章と画像を変えれば充分に使えるものです。

セミナー料金は、破格の15,000円でした。

1ヶ月は自由に使ってもらい、
その後も使用するのであれば、
月3,000円+消費税を管理費としていただきます
という内容です。

ありがたいことに、
今でもそのセミナーで作ったホームページを
使っている方もいらっしゃいます。

 

開業半年後には顧問契約も

月3,000円のストック収入がいくつか入るようになった頃に、
ようやく法人の顧問契約をいただきました。

会計記帳、顧問税理士とのやり取り、
議事録や契約書等の作成で、月5万円+消費税です。

さらに、会計士さんからの業務委託の契約をいただき、
こちらも月5万円でした。
業務内容は、補助金、フランチャイズ契約等の
業務サポートがメインでした。

月5万円となると、決して安くはないため、
仕事が少ない月には、心苦しくなることもありました。
この会計士さんの業務委託については、
自分で何か見つけて提案することも増え、
これは性格的な向き不向きがあるなと感じました。

結局こちらの業務委託については、
1年後に定額ではなく
仕事量に応じでいただく形に変更しました。

さらに、開業1年目が終わる頃には、
障害福祉サービス施設の申請と一緒に、
毎月の給付金業務を依頼されることになります。

こちらは月2万円+消費税。
結果、開業1年目で手に入れたストック収入は、
約15万円弱となりました。

これは、事務所家賃や通信費等、
毎月の固定費を少しだけ上回る金額でした。

 

開業2年目のストック収入は継続&値上げ

ストック収入の難しいところは、継続させるところです。
スポーツクラブなど、会費を毎月取るサービスには
「3ヶ月の壁」と言われるものがあるそうです。

入会から3ヶ月経つと、
そのサービスを本当に使うのか使わないのかが分かって来たり、
飽きたり、他に乗り換えたりと、
色々な理由で解約が増えるというのです。

この時に何をしたらいいかというと、
何もしないのが一番という定説もあるようです。
そっとしておいた方が、
知らないうちに続けていたという状態になるからです。

しかし、顧問契約や業務委託の場合、そうは行きません。

お客様の有益になるサービスを提供することで
信頼を手に入れ、継続してもらいたいですよね。

さらには、仕事のボリュームや質に応じて、
月々の金額を値上げして行ければ理想的です。

私の場合は、
Webサイトの管理費は2015年4月から
5,000円+消費税に値上げしました。

ただし、値上げ対象は新規の方だけで、
3,000円で契約していただいた方には
今でも料金据え置きで使用いただいています。

顧問料金については、顧問先からの申し出により、
半年ごとに値上げしていただいています。

また、顧問先から、別の顧問先をご紹介いただくなど、
現在は顧問先の数も少しずつ増えています。

増えるものもあれば、減る(解約等)ものもあるため、
ストック収入を大幅に増やすことは難しいですが、
まずは固定費分
(事務所家賃や通信費等、毎月決まって支払う経費)
を定着させ、
少しずつ増やしていくことが理想的であり、現実的でしょう。

ストック収入について書いたこちらの記事も、ぜひご覧ください。

ピックアップ記事

関連記事一覧