行政書士の勉強会、2月と3月は開業前の悩みにお答えします!

セミナー・イベント

行政書士の勉強会、2月と3月は開業前の悩みにお答えします!

毎月開催している行政書士の勉強会。
2月、3月は、合格者・開業準備中の方向けに、「開業のイロハと行政書士のホントの話」「3年で達成!年商1,000万事務所のつくり方」を開催します。

もちろん、今年も今年度合格者無料で開催します!
合格したら一番はじめに聞いてほしいお話なので、ぜひ参加ください。

 

合格したら最初に聞きたい「開業のイロハ」

そろそろ開業したい!念願の合格を手にしたら開業を考えたい!!
そんなあなたに聞いていただきたいのが、2月に開催する「合格したら一番はじめに聞きたい開業のイロハと行政書士のホントの話」です。

この勉強会では、人脈も経験もなく、退職金をほぼ使い果たしながら消耗の1年目を過ごした私が、失敗談多めに開業についてお伝えします。
たくさん失敗したからこそ話せる、失敗せずに開業できる方法を聞いてください。

そんな私も今、開業7年目。
開業3年目には業界10%の年商1,000万を達成し、その後も売上は順調に伸びています。
だからこそ、開業時につまづいたくらいで諦めないでほしいと思うし、こうすれば軌道に乗るよ!という方法をお伝えしています。

どうしてもネガティブ情報が多い行政書士業界ですが、食えない噂は本当なのか、行政書士業界の実態にも迫ります。
他では聞けない話がたくさんあると思います。
どうぞ気軽に参加ください。

合格したら一番はじめに聞きたい「開業のイロハと行政書士のホントの話」詳細とお申込みはこちら

 

経験者が数字を見せて伝える「年商1,000万事務所のつくり方」

3月は、もう一歩進んで売上のつくり方をお伝えします。

行政書士に限らず、開業して一番の悩みは、やはり売上です。
特に行政書士の場合、開業したら経営者になるという視点を持たずに開業に踏み切る人が多いのです。
そのため、事務所を継続する方法が分からず、紹介を頼ったり、下請けのような働き方になる方も少なくありません。

もちろん、雇用される働き方を望む人もいるでしょう。
それを否定するつもりはまったくありません。

雇用されるのではなく、独立して、自分で売上を手に入れたいと思う人は、ぜひ「3年で達成!年商1,000万事務所のつくり方」に参加ください。
開業3年目に年商1,000万を達成した私自身の経験を、数字を公開しながらお伝えします。

3年目に年商1,000万と言っても、開業1年目の受任はたった5件です。
もちろん、収支は赤字。
それでも正しい方法で進めれば、安定した売上を手に入れ、業界の10%である年商1,000万を達成できます。
2月の勉強会とあわせて参加いただくと、開業前からの動き方がより具体的にイメージできると思います。

行政書士の勉強会「3年で達成!年商1,000万事務所のつくり方」詳細とお申込みはこちら

 

ひとり事務所で軌道に乗せたいなら

行政書士事務所にも色々ありますし、行政書士の働き方にも色々あります。
行政書士は兼業も可能ですし、使用人という形で仕事をすることもできます。

そんな中で、もし、ひとり事務所で効率的に売上を作りたいと考えるのであれば、この勉強会はお勧めです。

また、行政書士以外の仕事も一緒にやって行きたいなと考えていたり、楽しいことを仕事にしたいと考えているなら、その辺のお話しもしますので、ぜひ。
私は行政書士で開業後、ひとり会社も作り、仲間との会社もあり、内輪で楽しく仕事をしています。
とにかく自由に生きて行きたいので、好きな人だけに会って、好きな仕事だけしています。
それができるのが、起業だと思っています。

もちろん、開業1、2年目は、そういう訳にはいきませんでした。
ツライこともたくさんありましたが、軌道に乗せさえすれば、ひとりで自由にやって行けます。
そういう未来を描きたい人には、私の勉強会は合っていると思います。

開業の悩みにお答えする勉強会は、私の重要な活動の1つです。
今年もたくさんの人に会えることを、今から楽しみにしています!

 

ピックアップ記事

関連記事一覧