試験1年前から通学しよう!<行政書士試験に1度で合格するための13のこと その2>

試験1年前から通学しよう!

行政書士試験受験生「合格するためには、どれくらいの時間、勉強すればいいのかなー?」

独学でも、Web講義や通信でも合格できると思いますが、法律初学者にはかなりキツイと思います。

無料セミナーなど、Webで利用することも出来ますが、とにかく毎日勉強を続ける習慣をつけることや、毎日問題練習をすること、テキストで理解することは、初学者にはなかなか難しいと思います。
(私も文学部卒の法律初学者でした)

1回で合格するためには、時間は少しも無駄に出来ないと思います。
そこでお勧めなのは、試験1年前からの通学です。

1年前から通学すると、最初は法律の基礎講座から始められるので、ちょっと興味を持つ時間を持てますし、講師も最初の方は、余談交じりにゆっくりと話してくれます。

「これなら楽しく勉強できるかも!」
なんて言う気持ちになれます。
この時間って大切じゃないかなと思います。

試験勉強を始める初学者の方は、1日でも、1時間でも早く始めることをお勧めします。

そして、勉強しているうちに、他の学校の様子が気になってくると思いますが、自分の学校のスケジュールを信じ、それに遅れないように頑張ってください。

私の選んだ学校では、行政法が6月の終わりからスタートでした。
これは、他の学校と比べるとかなり遅かった上に、行政法は覚えることがとても多く、焦りまくりました。
問題の数もかなり多かったです。

しかも、行政法は8割正解しないと合格に近づけないと言われるし、、、。

行政法については、他の科目以上に工夫して勉強しましたが、8月からの3ヶ月間、必死にやれば何とかなると思います!
民法に比べれば、短期集中で効果が出る科目だと思います。

どの科目もそうですが、何かと覚えるのに時間がかかるので、とにかく早めに勉強の習慣をつけることを心からお勧めします。