• HOME
  • Webサイト作った?

Webサイト作った?

Webサイト作った?

今月のテーマ「Webサイト」を考える

 

 

重要視していたWebサイト

 

行政書士として開業すると決めて、私が一番最初にやったのは「ロゴ制作」と「Webサイト制作」の依頼です。

 

実はこの2つは私の中では繋がっていました。私にとって、ロゴもWebサイトも企業の顔。なくてはならないものだったのです。
企業の顔ですから、ロゴもWebサイトもカッコイイものにしたい!では何がカッコイイのか、今の流行はどういうデザインなのか、いやいや、自分の感性を信じて、自分がこれがいいと感じるものにしよう!
ロゴとWebサイトの制作を依頼するにあたり、こんな感じのものというのは、実はとてもざっくりしていました。制作者はプロですから、ある程度任せた方がいいと思いました。
ロゴは、夢で見た「シルバーとショッキングピンク」という組み合わせで、女性が社会で活躍する雰囲気を出して欲しい。Webサイトは、シンプルで見やすく、記事が更新しやすいものを作って欲しい。
本当にその程度のオーダーでした。

 

Webサイトは、WordPressで1からテンプレートを作ってもらいました。
正直その頃の私は、どんなWebサイトが良いかなんて、まったく分かりませんでした。漠然と、最近のデザインから外れてなくて、カッコイイものができたらいいなと思っていました。

 

また、SEOについても知らないことだらけで、単なるテクニックだと考えていました。実際その頃はまだ、SEOは被リンクなどのテクニックが王道で、Webサイトを100個作ってリンクを貼るなんていう作業が、当たり前に行われていたのです。

 

Webサイトを作ってくれたのは、後に一緒に会社を立ち上げることになるエンジニアの1人で、彼は会計や営業システムの開発用が主な仕事でした。
Webサイト制作は出来ても、SEOにはそれほど詳しくないんだな、という印象を持ってしまったのも本当です。
というのも、このエンジニアは、私がSEO対策をしてほしいと言って、その頃のトレンドである被リンクについて話したりすると、

 

「人が読みたくなる記事を書けば、自然とアクセスも増えて、検索順位も上がります!」

 

と言って、その姿勢を変えることはなかったのです。
そうか、プロのエンジニアと言っても、SEOに通じている訳じゃないから、その辺は知らないんだなと、私は納得することにしました。確かに良い記事をたくさん書いて、たくさんの人に読んでもらうことは、Webサイトの目的そのものです。そういう意味では何も間違っていません。
私はWebサイトを開設後、数ヶ月で200ページくらい作りました。その結果、少しずつ検索順位も上がるようになってきたのです。

 

 

検索エンジンの傾向は変わる

 

2014年2月頃、世間を揺るがす大きな出来事がありました。Googleの検索エンジンの傾向が、ガラリと変わったのです。

 

簡単に言うと、今まで良しとされていた被リンクなどが、ペナルティとなり、数ヶ月検索圏外とされてしまい、表示されなくなってしまったのです。
これにより、売上がすっかり落ちてしまった大手のECサイトもあり、大きな話題となりました。
被リンクと広告でSEO対策していた会社の社長さんが、うちのような小さなところに相談に来てくれたのもこの頃でした。

 

Google検索エンジンの傾向の変化は、これを機に時々話題になります。
と言うのも、時々傾向が変わっては、検索順位にも変化が出て来てしまうからです。

 

但し、Googleの傾向の基本はしっかりしています。
「読者に優しいページ、読者が読みたいと思うページ、読者にとって有益なページ」が、良いページとして検索上位に上がるようになったのです。
そう、まさに2年前からうちのエンジニアが言ってた通りになったのです!

 

今の検索エンジンは本当にすごくて、人とほぼ同じように記事を判断出来るそうです。
被リンクが作為的なものなのか、本当に良いページと判断されて貼られているのかも区別がつき、専門性があるかどうかも判断できて、他のページのコピーかどうかもすぐに分かります。
そして、作為的な被リンクや、コピーされたページ(ミラーサイトと呼ばれます)が見つかると、ペナルティを与えます。
検索した際に見えなくされてしまうのです。
Webサイトで集客している側としては、このペナルティは死活問題です!
変なSEO対策をしないように気を付けるためにも、Googleの傾向には、今後も注目して行きたいものです。

 

 

Webサイトはお問合せをもらう場所

 

Webサイトの一番重要なところは、自分が寝ている間にも、せっせと営業してくれるところです。
深夜だろうが、明け方だろうか、Webサイトは24時間営業してくれるのです。いつの時間帯も、誰かしらがWeb上で検索し、また、検索エンジンのクローラーは、Web上の記事を読み続けています。
営業マンとしてのWebサイトを育てるのは、Webサイトの持ち主であるあなたです。良い記事をたくさん更新するよう心掛けましょう。

 

そして何より重要なのは、商品・サービスの良さを伝えた上で、お客様からの問合せをいただくことです。

 

Webサイトに電話番号が書いていなかったり、お問合せページが無かったりしたら、そのWebサイトは半分死んでしまっているようなものです。
電話番号が間違っていたり、お問合せフォームからちゃんとメールが飛ぶように設定出来ていなくても同じです。そのWebサイトは機能していないようなものです。
仕事は問合せをもらってからです。
商品・サービスを伝えるページから、お問合せページに移動してもらうようなボタンを付けるなど、ページの作りにも工夫が必要です。
もう一度自分のWebサイトを見直してみましょう。

 

もしまだWebサイトを作っていないのであれば、ぜひこれを機に、Webサイト制作を検討することをお勧めします!

 

今は自分で無料のものを作ることもできますし、まずはブログで発信して、問合せ先を表示することもできると思います。
自分で出来る範囲内でやってみるのも良いと思いますよ。
但し、無料ブログや無料Webサイトからお問合せに繋げるのはなかなか難しいかもしれません。
Google検索エンジンに、良いWebサイトと評価されるためにも、独自ドメイン(kamiyama-office.comのようなもの)を取り、キーワードをしっかり設定したページを更新して行きたいものです。そのためには、ある程度しっかりしたWebサイトを作って行くことをお勧めします。

 

 

スマホ対応は侮れない

 

Webサイトで考えておきたいことに、スマホ対応出来ているかどうかというポイントがあります。

 

今年の春に話題になりましたが、Webサイトがスマホ対応(スマホフレンドリー)になっているかどうかは、Google検索エンジンから良いWebサイトと判断してもらうためにとても重要です。
自分のWebサイトをスマホで検索した時に、下のように表示されていればスマホ対応です。

 

Screenshot_2015-09-30-22-33-45

 

タイトル(紫の文字)、URL(緑の文字)の下に、グレーの文字で「スマホ対応」とありますね。これは、スマホで検索しないと分かりませんので、注意してください。

 

また、スマホ対応できていても、実際にはスマホで見ると見づらいサイトもあると思います。
こういったサイトは、今後対策が必要になるでしょう。
このショッシー★サロンもそうですが、スマホで閲覧している人は、とても多いのです。見づらいとそれだけでパスしたくなりますよね。
今後は、自分のサイトやブログがスマホでどう見えているのか、必ず確認することをお勧めします。

 

 

それでは、今週は「Webサイト」についてFBグループの中で意見交換して行きましょう!
疑問、質問も大歓迎です。
先月のテーマ「ブログ」と絡めて考えてもいいと思います。