行政書士が開業すると悩む【時間が足りない】について解決策を提案!

お金の話 マインド 読んでおきたい本

行政書士が開業すると悩む【時間が足りない】について解決策を提案!

駆け出し行政書士「あっという間に週末だなー。時間に追われて本も読めないよ、、、」

毎日の仕事に追われて余裕がない。
休日も仕事が気になって休めない。
そんな悩みをもつ人は、意外と多いのではないでしょうか?

私もそうですが、ついついスマホを見てしまい、気が付いたら時間が過ぎていることはよくありますよね。
あー、今日も時間を無駄にしてしまったーと後悔しないために、時間管理の方法についてお伝えします。
私の時間の使い方を変えたきっかけや、おすすめの本をご紹介します!
参考になると嬉しいです。

行政書士になるとなぜ時間がなくなるのか

行政書士として開業して8年目になりますが、開業当初は一日の速さに驚いたものです。
会社ではほぼ残業もせず、その日の仕事はきっちりその日に終えるタイプでした。
書類整理も苦手ではなく、机の上には何もない状態で退社していました。

ところが開業すると、8時間ではとても足りず、書類もたくさんありすぎて、数日片付かないこともありました。
会社ではできていたのに、どうして?と、自分が無能にさえ思えました。

今思えば、これは当然のことです。

会社には、様々な部署があります。
仕事が細かく分かれ、それぞれに担当者が配置されています。
開業すると、それらすべてを自分でやる必要が出て来るのです。
今まで通りに行かなくても、当たり前です。

開業したら経営者になるので、事業を考え、収支予算を考え、営業も、事務処理も、すべて自分で動かないといけません。
考えるだけで一日が終わることもあります。
会社員ではなく、社長なのですから、やり方を変えないと、いつまでたっても時間は足りないままです。

様々な勉強会や読書の中で残ったもの

悩んだ末、私は様々な勉強会に参加し、色々な本を読み漁りました。
自分の頭の中に答えがない限り、どれだけ考えても答えは出ないからです。

本は紙のものを買い、小さな本棚に入る分だけを残し、定期的にブックオフに送っています。
時々、やっぱり読み返したくなり、再度購入するものもありますが、ごくわずかです。
自分にとって価値のあるものだけが手元に残るようになっています。

時間管理については、2冊手元に残りました。
7つの習慣」と「社長のための時間の使い方」です。

7つの習慣」は、名著ですから、すでに読んでいる方も多いと思います。
この本にあるパラダイムシフトや時間管理のマトリックス(第二領域の重要性)については、開業して時間が経過するにつれ、理解が深まりました。
時々手に取り、読み返す名著だと思います。

「社長のために時間の使い方」は、具体的な時間管理の方法が手に入る、おすすめの一冊です。
この本には、次のような内容が書いてあります。

第1章 時間をお金に変える方法
第2章 あなたの時間は常に狙われている
第3章 生産的活動を邪魔されないために
第4章 ”規律”が人生の成功・失敗を決める
第5章 あなたを負け知らずにする魔法の力
第6章 価値ある10の時間管理テクニック
第7章 時間を豊かさに変える方法
第8章 出張が待ち遠しくなる、「移動時間」の過ごし方
第9章 情報の雪崩にどう対処するか
第10章 自分をクビにすれば人生はもっと楽しい
第11章 生産的活動のためのヒントとアイディア
第12章 生産性を最高にするための心理ゲーム
第13章 1年たってもあなたが進歩しない理由
第14章 生産的活動を最高にあげるQ&A

目次やタイトルでもわかるように、これは、経営者のための時間管理について書かれた本です。
開業して経営者になった私たちは、経営者向けの勉強も必要になってくるのです。

「どうしたら時間に余裕ができるんだろう」
悩んでいた私が、この本から学ぶことは多かったです。

まず、1章から3章で、時間がいかに大切かを知ることができます。
私たちに与えられた時間は24時間だと思っていましたが、この本には生産活動ができる時間について書かれています。

例えば、1日8時間を仕事の時間に充てるとして、生産的な時間は何時間になるのか?
この質問にすぐに答えられる人は少ないはずです。

仕事の8時間の間に、スマホを見たり、電話に出たり、お茶をいれたり、移動したり、様々な生産的でない時間があります。
これを差し引いて、残りが3分の1になるとしたら、2時間40分が1日の生産時間となります。
月に30万売り上げたいとして、月に25日仕事をするとしたら、時給は4,500円になります。
週に一日しか休まず、月30万を売り上げると、私たちの時間の価値は思っていた以上に高いのです。

これを自覚するだけでも、時間の使い方が変わると思いませんか?
無駄な時間を減らし、休みを増やすための行動を考えるようになるはずです。
まさに、私がそれでした。

自分の時間を増やす方法は2つ

私が仕事をする上でこだわっているのが、ひとりで自由に活動することです。
ひとりで売上を作るのであれば、時間を効率的に使うことは、とても重要になります。
そのため、時間管理についても、人一倍興味を持ち、考えてきました。

その結果、自分の時間を増やす方法は、次の2つです。

  1. 時間管理を学び、効率的な方法を手に入れる
  2. 人を雇う

ひとりで自由に仕事をするためには、選択肢はたった1つ。
学び、効率化することです。

本音を言えば、何もせず、ゆっくりしたいです。

私が20代、30代の頃なんて、何とかラクをして生きられないかと思っていました。
大学を卒業して、割とすぐに結婚して、3年程度で会社を辞めたのも、専業主婦になれると思ったからです。
子育てすることで、仕事はしなくても許されると思っていました。

ところが、住宅ローンや何やらで、子育てしながら仕事をすることになりました。
そこからもしばらくは、早めにリタイアするための方法を考えました。

その結果、40歳になった時に決めたんです。
60歳でゆっくりするために、今頑張ろう!
自分で稼げるようになろう!!と。

あの時に気づいて本当に良かったと思います。
おかげで今、自分の力で自由に仕事をすることができ、主体的に生きることができています。
自分の人生を生きるのは、思った以上に自由を感じられますね。

時間管理ができると本当に大切なものが見える

30代の時に出会った「7つの習慣」は衝撃でした。
おかげで、主体的に生きる方向に軌道修正できたのだと思います。

さらに今、行政書士として開業して、自分の事業を作る立場になりました。
時間管理の重要性は、日々痛感しています。

その中で、時々読み直すのが、「社長ための時間の使い方」です。

>>社長のための時間の使い方

この本を読むことで、次の3つを手に入れることができました。

  1. 時間の本当の価値を知る(自分の時給を含め)
  2. 時間の使い方が変わる
  3. 人生が変わる

行政書士は、つい実務の勉強に時間を使いがちです。
もちろん、それも大切ですが、将来の働き方やゴールを考えることで、人生が変わることもあります。

今のままでは、今の人生のままです。
人生を変えたいなら、考え方や行動を変える必要があります。
そのきっかけとなる一冊として、一度手に取ってほしいなと思います。

なお、「社長のための時間の使い方」には、返金保証がついています!
本を購入して、あれ、思ったのと違うぞと感じたら、90日以内に返品することで代金は返金されます。
ちょっと高いので、迷う人もいると思いますが、安心して購入できるはずです。

また、オーディオブックがダウンロードできるサービスもついています。
忙しい時に聞き流しできるので、まさに時間がない人にはおすすめです。
日本でも少しずつオーディオブックが流行っていますよね。

もし購入したら、私が特に活用しているページをご紹介しますので、ぜひご覧ください。

  • p29 基本的な収入目標の計算
  • p108 今していることは自分を目に見えるほど目標に近づけているだろうか
  • p153 アイデアをしっかり管理する方法(図)

>>社長のための時間の使い方

人気記事行政書士が仕事につなげるホームページを作る方法

人気記事年商1,000万行政書士事務所のつくり方