ひとり行政書士事務所に決めた3つの理由<一匹狼で生きて行く!>

お金の話 マインド 行政書士開業

ひとり行政書士事務所に決めた3つの理由

駆け出し行政書士「経験も人脈もなく、ひとりでやって行けるのかなー?」

行政書士の多くは、未経験で開業するはずです。
やり方も分からず、何となくあちこちに顔を出す中で仕事が入ったり、入らなかったりと、なかなか安定しないものです。
大きく売上を伸ばしている人は法人化しているし、ひとりではやって行けないのかなと、弱気になっていませんか?
今日は、ひとり事務所にこだわる私が、ひとり事務所に決めた理由をお伝えします。

自由に生きるならひとりがいい!

会社を辞めて独立開業した私の一番の目的は、自由に生きて行くことです。
自分の力で稼げるようになって、自由に生きて行きたい!というのが、開業の醍醐味だと思っています。

独立したら、上司に気を遣うこともないし、人間関係のストレスもなくなり、好きな時間に仕事ができる。
軌道に乗れば、好きな場所で、好きな人だけと、好きな仕事だけできるようになる。
そんな理想を描いて頑張っていました。

その結果、年々理想に近い状態に近づいています。
自由に働いているなと実感できています。
これがほしかったから、私は独立開業しました。
ひとり事務所だからこそ、今の状態になったのは間違いありません。

自由に生きて行きたい人には、ひとり事務所がお勧めです!

無理して大きくする必要はない

売上を伸ばし、人を雇い、いずれは上場したいと、特に男性から時々聞きますが、私は無理して大きくする必要はないと思っています。
人を雇うことで、雇用を創出することは素晴らしいと思いますが、それにより多くの仕事をすることが可能になり、売上が伸びても、人件費を支払うことで、利益が減ることもあります。
ここは考え方の分かれるところだと思いますが、無理に売上を伸ばして事業を大きくしなくても、1人当たりの利益は、実はひとり事務所の方が高いこともあるのです。

人件費だけでなく、売上を伸ばすためには、広告費や外注費もかかるでしょうし、事務所家賃も高くなるでしょう。
コストをかけることで売上を伸ばして行くのは、世の中では一般的です。
会社員時代、私はまあまあ大きな会社に勤めていましたが、売れば売るほど赤字という状態があることも知りました。
それでも大きな会社は何とかなるということも知りました。
そして、そこから抜け出したいと思い、独立を目指しました。

自分で稼ぐ力を手に入れ、自分で稼げる中で売上を大きくして行く。
自分には、そのスタイルが向いていると思っています。

ネットを使いこなせば天井は上げられる

ひとり事務所では、補助者なしでは年間1,000万売り上げるのは無理。
そんな書き込みを見たことがありますが、そんなことはありません!
実際私は、開業3年目に補助者なしで年間売上1,090万を達成しています。
今も補助者も誰もいませんが、売上は毎年伸びています。

私が注目しているのは、ネットを使った営業方法です。
これは、開業当初から変わっていません。
ネットを使った営業方法と言っても、難しいことは何もしていません。
ブログとホームページとSNSくらいです。
誰もが簡単に始められることしかしていません。

ただし、どうやったら売上につながるのか、売れている人たちは何をしているのかは、日々研究しています。
開業当初は何を読んでも、何を聞いてもよく分からなかったことが、今はヒントを聞いて自分のやり方を作り出せるようになりました。

WordPressも、開業と同時に知りましたが、今は人に教えられるくらいになりましたし、WordPressを使って仕事につなげられるようになっています。
やってみることで、違う世界が見えて来ますし、ネットはまだまだ可能性が広がると思います。
仕事が自動化できると、収益の天井はどんどん上げられるはずです。
ここを真剣に考えることで、ひとり事務所をますます楽しめるようになると思っています!

私は一匹狼で生きると決めています。
あなたはどう楽しみますか?

人気記事行政書士が仕事につなげるホームページを作る方法

人気記事年商1,000万行政書士事務所のつくり方