開業一年目の売上は、2年目、3年目にはどうなるのかシミュレーションしてみた

お金の話

開業一年目の売上は、2年目、3年目にはどうなるのかシミュレーションしてみた

昨日は開業一年目の売上について、2ヶ月に一度定期的に依頼が来たらどうなるか、シミュレーションしてみました。

今日はこの続きです。
上の記事の動きを3年続けたら、売上はどう変化するのか、シミュレーションしてみましょう。

 

売上はじわじわと伸びて行きます

売上が安定するまでには、時間がかかるものです。
理由は簡単です。
開業して間もない頃は、誰にも知られていないからです。

どんなにいい商品やサービスがあっても、知られていなければ買ってもらえません。
また、事務所の場所が分かったところで、人は知らない人から何かを買おうとは思いません。
知ってもらう、信用してもらうまでに、時間がかかります。
開業一年目は、お客様に知ってもらい、信用してもらう時間なのです。

開業から3年間の私の売上推移については、次の記事に掲載しています。
3年間の売上イメージとして、ご覧ください。

 

1年目はツライですが、2年目、3年目と続けるうちに、様子が変わって来ます。
昨日のシミュレーションは、次のような条件でした。

<収入>
講座参加費 1人1,000円 毎月5人参加と計画する
遺言書作成料 1件10万円+消費税+その他実費(実費はそのまま経費で相殺)
※遺言書作成は2ヶ月に一度依頼されると計画する

<支出>
新聞折り込み広告 1ヶ月25,000円+消費税
会場費 1ヶ月約5,000円
講座資料作成のためのコピー用紙、インク等 1ヶ月約2,000円

経費はこのままで、2年目の売上が1.5倍になるようにすると、次のようになります。

依頼は1.5倍なのに、利益は2倍以上になっているのが分かりますね。
実際、講座を毎月続けて、2年目に依頼を1.5倍にするのは、現実的な数字です。
続けることで、効果は出て来るものです。

 

3年目に大きく売上が伸びるヒミツ

さて、同様に3年目の依頼数を2年目の1.5倍として計算してみましょう。
今回は経費を少し増やします。
販促グッズ(名入りボールペン等)などに年間10万円、また、SNS広告に月4,500円使って行きます。
結果は、次の通りです。

経費を15万4千円増やしたにも関わらず、利益は2年目の2.2倍以上になっています。
1年目と比べると、5倍近い数字です。
これが、1年目から3年目にかけての売上のイメージです。

一点注目していただきたいのが、2月の「遺言執行 495,000円」です。

遺言書作成をしていると、遺言者が亡くなるタイミングに遭遇するものです。
遺言書の中で自分を遺言執行者に設定しておくと、遺言執行を依頼されます。

私自身の経験として、遺言書作成を始めた2年後には、3名の遺言執行をすることになりました。
そのため、この経験を加え、3年目の売上としました。

今回は遺言書作成でシミュレーションしましたが、他の仕事についても、次につながる仕事を考えておくことで、3年目の売上がぐんと伸びるはずです。
先々の売上につながることを考えながら、商品・サービスを作って行くことは、事務所を継続させるためにもお勧めです。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧