行政書士の料金はどうやって決めたらいいのか?

お金の話 行政書士開業 開業一年目

駆け出し行政書士「料金はどうやって決めたらいいんだろう?」

料金は自由に決めて大丈夫です!
と言っても、基準が知りたいですよね。
今日は価格決めのヒントについてお伝えします!

 

行政書士の報酬の決め方

登録準備中の方や、開業したばかりの行政書士さんからよく聞かれるのが、料金の決め方です。
料金は、自由に決められます。
自分の好きなように決めていいことになっています。

そう言われると、それはそれで困りますよね。
私も開業当初は悩みました。

そこで、私の開業当初の料金の決め方をご紹介します。

行政書士の報酬はいつから自由になったのか?

ちなみに、行政書士の場合、料金のことを報酬と言うのが一般的のようです。
報酬というのは、謝礼やお礼という意味になりますが、原則的には料金と同じ扱いです。
士業が先生と呼ばれ、報酬をいただくというのが、これまでの歴史を表している感じがしますね。

士業の報酬が自由になったのは、2000年に入ってすぐのことです。
それまでは、報酬基準が定められていました。
これが独占禁止法上問題になるとされ、自由化されました。

次の資料の通り、価格だけでなく、広告も自由化されたのが分かると思います。
2000年までは、士業がホームページを持つことすら邪道とされていたようです。
>>資格者団体の活動に関する独占禁止法上の考え方

良い時代になったことを実感しながら、価格を決めて行きましょう!

価格決めの際に参考にする資料

私が開業当初に参考にしたのは、日行連から出ている「報酬の統計」資料です。
確か、登録後に資料をもらったと思います。

日本行政書士会連合会では、5年に1度、報酬額の統計調査を行っています。
最新の資料は、次のページに掲載されています。
>>日本行政書士会連合会:報酬の統計

この資料を見ると、同じ業務でも、価格の幅がとても広いことが分かると思います。
それを知るための資料としても、一度見ておいた方がいいでしょう。

この資料で何となくイメージをつけて、次に参考にしたのが、行政書士のホームページに掲載されている料金表です。
私が開業した頃は、まだまだホームページを持っている行政書士が少なかったですが、今は「行政書士 料金」で検索すると、たくさん出て来ます。

注意したいのは、地域によって違いがあることと、最低価格を掲載し、料金を追加しているタイプもあることです。

行政書士の料金表は、うのみにせずに、あくまでも参考にすることをお勧めします。
中には問い合わせをもらうために低い料金を提示し、細かく上乗せする事務所もあると思います。
注意書きに、「他に実費が必要です」などの書き方をしている事務所もあるはずです。
結局いくらになるのかは、書いていないことも多いです。

最終的に、料金を決めるのは自分

行政書士の料金は、事務所の見やすい場所などに掲示する必要があります。
決めないわけにはいきません。

そこでお勧めなのは、まずはこれくらいかなという料金を決め、掲示します。
その後、依頼を受け、取り組んで行くうちに、この料金ではとてもやって行けないと感じたら上げればいいですし、逆に下げることもできます。
この場合、半年、一年などの区切りを決めて、都度見直しをして行くといいでしょう。

開業し、業務に取り組むようになると、地域や同期の行政書士との関わりも出て来るはずです。
その中で、料金をどれくらいにしているのか、聞いてみるといいでしょう。
先輩行政書士と関わることがあれば、直接聞いてみると参考になると思います。

最終的には、料金を決めるのは自分です。

もう1つお勧めなのは、あまり安売りをしないことです。
人は、安いからという理由だけでサービスを選びません。
また、安いだけで選ぶ人は、クレームにつながる可能性も高いかもしれません。

良質なサービスを安売りせずに提供することで、良いお客様に恵まれると私は考えています。
自分がどんなお客様にどんなサービスを提供したいのかを考え、その上で適正な価格を考えて行くことが、正解を導き出すのではないでしょうか。

ぜひ、じっくり考えてみてくださいね!

 

人気記事行政書士が仕事につなげるホームページを作る方法

人気記事年商1,000万行政書士事務所のつくり方