地方で開業して安定収入を得られるか心配です<行政書士悩み相談>

悩み相談

地方で開業して安定収入を得られるか心配です<行政書士悩み相談>

開業前の人から質問をいただきました。
地方で開業する場合の不安については、時々相談を受けます。
人口の少ない小さな町で開業すると、安定した収入が手に入らないのではないか。
全国を視野に入れて考えた方がいいのか。
今日はそんな質問に、私なりにお答えしていきます。

 

地方と大都市にはメリットもデメリットもある

開業して5年くらいは、東北から九州まで、あちこちで勉強会を開催したり、講師依頼を受けました。
たくさんの行政書士の方とお会いして、地方と都市の違いを少しだけ感じました。
行政書士の業界が保守的なせいか、地方も都市も、そこまで雰囲気は変わらないと思います。

例えば「売上」の話で言うと、「そこまで大きく稼ぎたいわけじゃない」とか、「売上よりも社会貢献が重要」と言う人が多いのは、地方も都市も変わらない気がします。
起業精神よりも、社会貢献を重視している感じです。
だから、売上が安定せず、事業が継続しないのではないかな、とも思います。

今回の質問、「安定収入が得られるか不安」については、不安を解消するためには、安定した売上を手に入れるしかありません。
安定した売上は、地方でも都市でも手に入れることは出来ます。
大切なのは、地域よりも、やり方だと思います。

人口の多い少ないは、お客様の数に関係するんじゃないかと思いますよね。
ところが、人口が多いと、その分、行政書士も多いんですよね。
行政書士だけでなく、コンサルのような人たちが、行政書士の仕事に入り込んでいます。
当然、競争が起こるわけです。

競争が起こるとどうなるかというと、価格が下がり始めます。
こっちの方が安いですよ!という売り方が始まると、価格はどんどん下がって行きます。

実際、地方では10万くらいの許認可が、都内では5万以下なんてよくあることです。
となると、地方の1件が、都内では2件取らないと同じ売上にはなりません。
ホームページの反応も、地方の人の方が圧倒的に早いです。
私が開催しているホームページ講座で作成した行政書士の方は、全国に広がっていますが、地方の方は、作って1ヶ月後には問合せが入ることも珍しくありません。

しかも、都内の家賃は、地方の倍以上ですよね。
そう考えると、地方だから安定しないということはありませんし、都市には都市の悩みがあります。

 

ゴールを決めるとやるべき行動が見えて来る

開業していないと、開業のイメージがどうしても具体的になりませんが、漠然とした不安に悩んでも、解決は難しいです。
できるだけ具体的に考えられるように、自分がどういう事務所をつくりたいのか、どういう働き方をしたいのか、ゴールはどこに設定したいのか、1年後、3年後、5年後、10年後を書き出してみてください。

1人で働きたいのか、チームで動きたいのかだけでも、動き方が変わって来るでしょう。
年間売上を1,000万にしたいのか、500万にしたいのかでも、計画の立て方が変わって来ます。
誰のために働きたいのかを考えて行くと、行政書士だけでなく、他にもやってみたい事業が出て来るかもしれません。
最終的にはどうなりたいのか、一度しっかりと書き出して考えてみましょう。

地方か、都市か、安定するのか、しないのかと、漠然と考えてみても答えは出来ません。
地方で安定するために、まずは年間売上いくらを目指すのか。
そのためには、月いくら稼ぐのか。
そのためには、何の仕事をいくらで何件受ければいいのか。
仕事を受けるためにする行動(営業)は何か。
この場合、コストはいくらかけれるのか。
赤字の場合、どうやって埋めるのか。
黒字になるタイミングは、何年後なのか。

1つ1つ、具体的に考えて、書き出して、現実を見つめて行きましょう。
分からないことも、細かく具体的に考えて行くと、少しずつ数字も見えて来るものです。

そして、どこで開業しても、何で開業しても、最初からうまく行くことはなかなかありません。
最初の1、2年をどう耐え忍ぶのか、資金面、精神面で考えておくことも必要です。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧