行政書士は副業でどこまで出来るのか?

blog

行政書士は副業でどこまで出来るのか?

これまで知り合って来た行政書士開業者の中には、副業で行政書士をやるという方もいます。
実際に副業として成立している方もいますし、いつの間にかフェードアウトし、本業のみになる方もいます。
「副業でやって行けますか?」と聞かれることもありますが、こういう質問って、目指すところが分からないと、何とも答えようがありません。
「出来ると思いますし、やっている人はいますよ」と言うしかないです。

今日はそんな、行政書士を副業にすることについて、考えてみたいと思います。

副業って、なに?

まず、副業ってなんでしょう。
調べてみると、同じ読み方で「複業」というのもあるようです。
また、兼業とはどう違うのでしょうか?

副業というのは、本業の邪魔にならない形で、片手間でやるイメージのようです。
厚生労働省が、2018年1月に副業・兼業の促進に関するガイドラインを作成し、モデル就業規則から副業禁止の項目を削除したため、2018年は、副業元年と呼ばれました。
実際にはまだまだ副業禁止の企業もありますが、時代が少しずつ変わっているのは間違いなさそうです。

また、厚生労働省のモデル就業規則の最後の章には、「副業・兼業」について、次のように加えられています。

第14章 副業・兼業
(副業・兼業)
第67条 労働者は、勤務時間外において、他の会社等の業務に従事することができる。

2 労働者は、前項の業務に従事するにあたっては、事前に、会社に所定の届出を行うものとする。

3 第1項の業務に従事することにより、次の各号のいずれかに該当する場合には、会社は、これを禁止又は制限することができる。

① 労務提供上の支障がある場合
② 企業秘密が漏洩する場合
③ 会社の名誉や信用を損なう行為や、信頼関係を破壊する行為がある場合
④ 競業により、企業の利益を害する場合

副業だけではなく、兼業という言葉も使われている点も注目したいですね。

一般的には、副業、複業、兼業には、次のような意味があるようです。

  • 副業:本業以外の仕事で収入を得ること。兼業・サイドビジネスとも呼ばれ、雇用形態によってアルバイト、在宅ビジネス、内職などに分類される。
  • 複業:複数の仕事を持つこと。本業を複数持っているというイメージで、かける時間や労力は限りなく本業に近く、プロ意識も高く持つ必要がある。
  • 兼業:本業以外の事業を持つこと。複業にやや近い概念だが、会社に勤務しながら自分でも事業を経営し、本格的に商売を営む。

もう一つの仕事として行政書士として開業する場合、副業・複業・兼業のどれにするのか、最終的にどれにしたいのかで、取り組み方も変わってきそうですね。

 

「副業:行政書士」あるある

副業・複業・兼業のどれにしたいのかは、人によって違うはずです。
「出来れば本業くらい稼ぎたい」
「ホントは本業を超えたいけれど、時間はそんなにかけられない」などと、甘い考えを持った人も少なくないでしょう。

なぜ甘いのか。
それは、行政書士として仕事を取るためには、自分の存在と自分の仕事を「知ってもらう」時間が相当数必要だからです。

例えば週5で会社勤めをする場合、副業の行政書士にかける時間は、帰宅後と休日だけです。
その時間をすべて行政書士の活動にかけられるならいいのですが、現実的に考えて難しいですよね。
帰宅したら休みたいでしょうし、休日はゆっくりしたいものです。

よくあるパターンとして、行政書士登録のために小さい事務所を借りて、週末の会社の休日に、事務所でのんびり過ごす「副業」スタイル。
事務所で待っていても、誰もあなたのことを知りません。
これでは、仕事が入らなくて当然です。
これは、「副業」ではなく、趣味の活動に近いです。

本業で生活できるくらい稼いでいる人にとっては、趣味の活動が楽しい場合もあります。
事務所の家賃や書士会費などを考えると、贅沢な趣味ですが、起業したみたいでワクワクするはずです。
友だちに「すごーーい!」と言われるネタとしても、ちょっと気持ち良いかもしれません。

もし、それでいいなら、まったく反対しませんが、行政書士として副業で稼ぎたいなら、それなりの計画が必要です。

 

ゴールを決めよう!

副業行政書士で、まずはいくら稼ぎたいですか?
最終的には、本業にしたいですか?
ゴールが決まっていないと、具体的な計画が立てられません。
ゴールがないのは、「行政書士は副業でやっていけますか?」と聞くのと同じ状態です。

まずは、副業のゴールを決めましょう。

ゴールが決まれば、それに向かうための計画を立てるだけです。
ゴールがないまま進んでも、望んだ場所に辿り着くのはかなり難しいでしょう。

例えば、会社が休みの週末だけ行政書士の活動をして、1年後に月5万を稼げるようになりたい、という目標を立てます。
おそらく、これくらいが現実的でしょう。

えーー、そんなに少ないのか、とガッカリするかもしれませんが、月に5万円安定して稼げるようになるのは、すごいことなんですよ!

計画的に月5万円の売上が手に入れられれば、そこから増やすことは難しくありません。
売上=単価×客数×購入回数ですから、単価を上げるか、客数を増やすか、購入回数を増やせば良いだけです。
売上を増やすのは、意外と簡単です。

難しいのは、毎月の売上を安定して取れる状態を作るまでです。

月5万円を安定して手に入れるなら、5万円の仕事を毎月取るか、10万円の仕事を2ケ月一度取るか、15万円の仕事を3ケ月に一度取るか、その辺を具体的に決めます。
ここで、自分がいくらの仕事をするかが決まりますので、その金額により、業務も決まります。

例えば、2ケ月に一度10万の仕事を取るなら、車庫証明では無理ですが、遺言書なら可能になるでしょう。

金額と業務が決まったら、あとは仕事を取るしくみ作りです。
土日しかなくても、月8日はありますから、そのうち1日は講座を開催するとか、相談会をするとか、やり方は色々あります。

ホームページに役立つ記事を書いたり、講座を宣伝したり、SNSでの発信と併せるとさらに効果的でしょう。
決して不可能な例ではありませんので、副業でやって行きたい!と考えている方は、ぜひゴールを設定して活動してください。

売上を安定して手に入れるしくみ作りについては、ショッシーオンラインがお勧めです。
私がお伝えできることすべてを発信していますので、行政書士として安定した売上を手に入れたい方は、ぜひ参加ください!

ショッシーオンラインの詳細はこちらから

 

ピックアップ記事

関連記事一覧