開業一年目にどうやって仕事を依頼されたのか正直に話します

マーケティング

開業一年目にどうやって仕事を依頼されたのか正直に話します

先日、開業一年目は売上が伸びずツライよ、という記事を書きました。
ホントに売上はジワジワとしか上がらないので、開業一年目はツライです。
今日は、じゃあどうしたら仕事が入って来るの?という話をします。
(私自身の体験談になります)

開業一年目はみんなツライ!<売上はじわじわとしか上がらない>

 

確実に売上が入る方法

行政書士の資格は、すぐに開業出来るのが特徴です。
即独立したい人にとっては、かなり魅力的な資格と言えるでしょう。
ただし、独立してからどうやって仕事を取ったらいいのか、残念ながら誰も教えてくれません。

勉強会やセミナーは色々あります。
私も高いお金を払ってせっせと参加しましたが、どれも学びにはなっても、実践方法が分かりませんでした。
例えば、「お客様のための仕事を作りましょう!」とか、「まずは1つのことに集中しましょう!」のような話です。
そんなこと言われても、実際何をしたらいいの???という気持ちで会場を後にするばかりでした。

だから、自分で考えました。
まあ、当たり前のことなんですよね。
結局は、自分で考えて売上を作って行くしかないんです。
だからキツイんですね。
孤独なんです、開業って。

さて、私が編み出した「確実に売上が入る方法」があります。
それは、「これがほしい」と言われたものを提供して、料金をもらうことです。
ほしいと言われているので、確実に売れます。
問題は、ほしいと言われる状況を作ることです。

私の場合、勉強会や講座がすぐに売上になりました。
売上につながった流れは、次の通りです。

ブログに起業をサポートしたい話を書く。(ブログは毎日更新していました)
マインドマップなど、出来ることもブログに書く。
↓↓↓
起業に興味がある人から連絡をもらう。
こんな講座をやってほしいと言われる。
↓↓↓
言われた講座を作り、ブログとSNSで参加者を募る。
やってほしいと言った人を含め、4人から6人が参加する。(1人3,000円)
↓↓↓
参加者から、次はこんな講座に出たいと言われる。
その講座を作る。
講座の開催報告をブログに書く。
参加したいという連絡が来る。
講座開催スケジュールを作り、ブログに書く。

定期的に講座を開催するうちに、参加人数も増えて来ました。
ブログから、まったく知らない方が、毎月参加してくれる状況が出来ました。
行政書士としての仕事が欲しかったので、方向が違っていることは感じながらも、仕事を得る流れが分かって来ました。

お客様のために仕事を作る。
売上につながったら、まずはそこに集中する。

まさに、勉強会やセミナーで聞いたことです。
なるほど、こういうことねと、学びと実践がつながった瞬間です。
あとは、自分自身がやって行きたい仕事で、この流れが作れればいいわけです。

 

知らない仕事を依頼されたら

とにかくブログを毎日更新し、起業をサポートしたい、会社設立を手伝いたい、などの発信をしました。
したい、手伝いたい、という投稿が、徐々に自分自身の起業開業の想いや行動についてに変わって行きました。
すると、その想いに共感してくれた人からの問合せが来るようになりました。

具体的には、会社設立、資金調達のサポート、講師依頼などです。

ジワジワでしたが、時間が経つごとに問合せは増えましたし、内容も、やってみたい仕事に近づきました。
勉強会には相変わらず参加していましたが、「ブログ読んでます」とか「講師やってますよね?」と、知らない方から話しかけられるようになりました。
発信の力を日々実感しました。

たった3,000円の講座?
それって行政書士の仕事なの?
そんなの売上って言えるの?
そんな風に考える人もいると思います。
でも、これが売上の最初だったりします。
こんな話、誰もしませんが、みんな最初はこんな感じだと思います。

さて、そうして毎日発信→共感者からの問合せ→仕事もどき→売上→実績を発信→仕事の問合せ→仕事→売上→実績を発信、というループを繰り返して行くうちに、「来たーー!!!」と言える仕事につながります。

この時、自分がまったく知らない仕事が来ることもあります。
私の場合、一年目の終わりに問合せをいただいた障害福祉サービス施設業務がそれです。
とても私になんて出来ないと、その時は思いましたが、今は私のメイン業務になっています。

どのように乗り越えたのかというと、障害福祉サービス施設業務専門の先輩行政書士さんにご協力いただけたおかげです。
ここで、それまでせっせと出かけた勉強会やセミナーでの出会いが生きて来ます。

これでいいの?こんなもんなの?という日々が続く開業一年目ですが、コツコツ売上を作る行動をしていると、少しずつ流れが変わって来るものです。
まずは「売れるもの」を「ほしい人」に提供できる状況を作りましょう。
自分が出来ることは何かを洗い出し、ブログやSNSで発信して行くことをお勧めします。
知ってもらう行動なくして、仕事を依頼してもらえることはありません。
行政書士という枠組みで考えず、自分が提供できることにフォーカスすることもお勧めです。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧