行政書士がホームページを作る時に気をつけたい3つのポイント

行政書士のホームページの作り方と注意点

行政書士にホームページは必要なのか?

ホームページ制作をしている行政書士として、
行政書士の方からホームページの相談を受けることは
少なくありません。
つい先日も、ご相談を受けたばかりです。

相談を受けた時に感じることは、
「ホームページを作る」ことに集中してしまい、
外側ばかりに目が行っているな、ということです。
ホームページのポイントは、もっと内側にあるのに、
気になるのは見える部分。

これでは、仕事の依頼を逃すことにもなり、
本当にもったいないです。

行政書士に関わらず、
依頼をもらって仕事をする人には、
間違えなくホームページは必要です。

これは、電車の中や歩いている時に
誰もがスマホを手にしているのを見れば
一目瞭然のはず。

私たちは、気づけばスマホを頼っています。

どこかへ行く時はスマホで地図を見て、
お店もスマホで探してそのまま予約、
連絡を取り合うのも、すべてスマホで済みます。

そんな世の中になっているのに
ホームページを持たないなんて、
スマホを持っている人たちに見つけてもらうチャンスを
ただただ逃しているだけです。

1人世帯が増えていることを考えても、
情報源や時間を埋めるためのスマホは、
まだまだ普及するはずです。

それでもホームページを持たないなんて、
理由が見つかりません。

行政書士のホームページ3つのポイント

もしかすると、ホームページを持っていない人の理由は、
コストがかかる割に依頼が来ない、とか、
電話は鳴るけど営業ばかり、とか、
改訂のたびに業者に依頼が必要、とか、
ホームページを以前持っていたのだけど、
あまり良い反応が出なかった、というものかもしれません。

この場合、
どんなホームページを持てば依頼が来るのか、
ポイントが分かっていないことが原因と考えられます。

ホームページを作るだけなら、
それほど難しくありませんが、
そこから仕事の依頼をもらうためには、工夫が必要です。

では、どこを工夫したらいいのか、
ポイントは次の3つです。

ポイント① 辿り着いてもらう工夫

ホームページの目的は、
「自分のことを知らない人からも仕事を依頼されること」
ですよね。
もちろん、知っている人がホームページを見てくれて、
そこで安心して依頼してくれる場合もあります。
でもそれは、ほんの一握りです。

では、知らない人に自分のホームページを読んでもらうには、
どうしたらいいでしょうか?

それは、自分のホームページに
「辿り着いてもらう」工夫をすることです。

人は何かを調べる時、
「これってどうしたらいいんだろう?」
という気持ちになっています。
そこで検索する時には、
「建設業更新 どうしたらいい?」とか、
「親の相続 何からする?」というワードを入れて探します。

あなたのホームページには、
お客様の悩み書いてありますか?

例えば、
「建設業許可の相談はお気軽に」とか、
「急な相続にも対応します」と書いていても、
上の例の検索には引っかかりません。

引っかからないということは、
お客様に辿り着いてもらえない、
つまり、見てもらえないのです。

これでは、仕事の依頼が来ることはありません。

「建設業の更新、どうしたらいいの?とお悩みのお客様へ」とか、
「親の相続、何からしたらいいの?と思ったら」など、
検索されそうなワードを入れながら記事を書いて行くのは
基本中の基本ですし、
このワードを記事タイトルに入れるのもポイントです。

 

ポイント② 読んでもらう工夫

自分のホームページに辿り着いてもらったら、
次は読んでもらうことが大切です。

せっかく辿り着いてもらっても、
難しい文字が並んでいたり、
改行が少なかったり、
ネガティブな表現が多かったり、
内容が薄かったりすれば、
読んでいる人はすぐにページを離れます。

ホームページに何をどう書くかは、
とても重要です。
ここが、分かっているようで分かっていない
重要ポイントです。

読んでいる人は
知りたいことだけを知りたいので、
例えば「建設業の更新」であれば、
更新するために必要な情報を
出し惜しみすることなく書いてください。

それじゃあ、やり方だけ知られて、
依頼に繋がらないじゃないか、
と、思うかもしれませんが、
そんなことはありません。

やり方を教えても、出来ない人はたくさんいますし、
そこから依頼はちゃんと来ます。

もし、やり方を書いて自分で出来る人なら、
あなたのホームページではないところから情報を得て、
結果、自分でやるのでしょう。

まずはたくさんの人に読んでもらうことが大切です。
情報を出来る限り与えることで、
記事をしっかり読んでもらいましょう。

記事を読んでもらえれば、
料金表や代表者プロフィールも
一緒に読んでもらえる可能性が高いです。
これも、依頼する上で知りたい情報だからです。
お問い合わせが来るのは、そのあとです。

お客様の悩みを書き、
その疑問にしっかり答える記事を書くことが
依頼につながるポイントです。

 

ポイント③ お問い合わせをもらう工夫

ホームページに辿り着いてもらい、
読んでもらったら、
あとは最後の一押しです!

ホームページを持っている人なら
ぜひチェックしてほしいのですが、
あなたのホームページには
「お問い合わせページ」がありますか?

あるとすれば、
見やすい場所に表示されていますか?

ホームページの目的は
お問い合わせをもらうことと言っても
過言ではありません。
それなのに、
お問い合わせページがなかったり、
見やすく表示されてなかったり、
残念なページが本当にたくさんあります。

特に、今はスマホで見られる時代です。
自分のホームページをスマホでチェックすることを
忘れないでください!

PCとは見え方が違っていますので、
必ずスマホで見てください。
あれ?っと気付くことが出て来るかもしれません。

検索順位を決めるのはGoogleですが、
年々スマホでどう見えるかが重要視されています。
Googleには抗えませんから、
スマホでの見え方には注意して行きましょう。

 

自分でホームページを作る手順

さて、ホームページのポイントが分かったところで、
まだホームページを持っていない人向けに
ホームページ作る手順をまとめておきます。

ホームページを作りたけど、お金をかけたくない。
でも、自分で作る方法が分からない。

そんな悩みを抱えた方のお役に立てればと思います。

ホームページを自分で作る11の手順
  1. ドメインを取り、サーバーを借りる
    お勧めは、お名前ドットコムでドメインとサーバーを同時に取る方法です。
    2つが同時に取れることと、
    サーバーのコントロールパネルが使いやすいことがお勧めポイントです。
    お名前.com
    上のリンクから、同時取得でドメイン料金が1年無料になりますので、
    よろしければご利用ください。
     
    <お名前ドットコムサーバーのコントロールパネル>

    ※クリックすると拡大します 
      
  2. サーバー操作について理解する
    上のお名前ドットコムサーバーなら、
    コントロールパネルがあるので、比較的分かりやすいです。
    これがないと、FFFTPというアプリケーションを使い
    操作するのが一般的です。
    FFFTP フリーソフトはこちらからインストールできます
     
  3. メールサーバーを設定する
    お名前ドットコムサーバーであれば、
    メールサーバーも一緒に管理できます。
     
  4. WordPressをインストールする
    お名前ドットコムサーバーであれば、
    コントロールパネルから簡単にインストールできます。
    他のサーバーも、WordPressのインストールは
    ボタン1つで出来るものが多いようです。
     
    <WordPressの管理画面>

    ※クリックすると拡大します 
     
  5. WordPressをインストールしたらやること
    ①ユーザー設定
    初期設定のままだとセキュリティが心配なので、
    新たなユーザーを設定します 
     
    ②各種設定
    WordPressの設定には
    一般設定、投稿設定、表示設定、
    ディスカッション設定、メディア設定、パーマリンク設定
    があります。
    そのままでも大丈夫ですが、
    例えばコメントを付けたくないなど、
    設定を変更することが可能です。
     
    ③プラグインのインストール
    プラグインとは、機能を増やすアプリのことです。
    例えば、お問い合わせページを作る
    contactform7や、
    記事を書く機能を増やす
    TinyMCE Advancedなどは、お勧めです。
     
    ④テーマのインストール
    WordPressには、無料のテーマ(テンプレート)が
    何万もありますが、英語版です。
    出来れば多少お金を出して
    日本語版のテーマを準備するといいでしょう。
    私のお勧めは、TCDさんのテーマです。
      
  6. 画像加工ツールを用意する
    ホームページを作っていて悩むのは、
    「画像」をどうするか、です。
    無料画像のサイトからダウンロードしても、
    そのままでは上手く使えないことが多く、
    加工が必要になります。
    ペイントなどの無料アプリを使ったり、
    お金をかけてillustratorやPhotoshopを使うなど、
    何かしら画像加工ツールを用意しましょう。
     
  7. 固定ページを作る
    WordPressには「固定ページ」と「投稿ページ」があります。
    「固定ページ」は、名前の通り固定されるページで、
    常に表示したいものを設定します。
    「事務所概要」「料金表」「代表者紹介」などですね。
    「お問い合わせページ」も固定ページで作ります。
     
  8. 固定ページをメニュー表示する
    固定ページは、そのままでは表示されません。
    ホームページの上の方にメニューバーが表示できるので、
    ここに固定ページを紐づけることが必要です。
     
  9. 投稿記事を更新する
    投稿記事とは、ブログのことです。
    更新されると、一番新しいものが上がって来るイメージです。
    日々の情報発信は、投稿ページを使います。
    記事の内容は、
    お客様の悩みと解決法を書くことが基本です。
    出来るだけ100ページまでは増やしたいですね。
    週に1つ書くと、2年で100ページになります。
     
  10. サイドバーを設定する
    WordPressには、ウィジェットという機能があります。
    これは、サイドバーの設定等ができる機能です。
    最新記事を表示させたり、バナーを表示させたり、
    テーマによっては、
    ページごとに表示方法を変えることもできます。
    たくさんの記事を読んでもらうために、
    このサイドバーには一工夫必要です。
     
  11. Googleアナリティクスを取り入れる
    自分のホームページにどれだけの人が辿り着いているのか、
    それはどこから来て、何分滞在して、
    どの記事を何分くらいかけて読んでいるのか。
    これを知ることはとても重要です。
    Googleアナリティクスは無料ツールですので、
    こちらを取り入れて分析しましょう。
     
    <Googleアナリティクス リアルタイム表示>
    読んでいる人の分布や人数がリアルタイムに表示されます

 

自分で作りたい、
自分で編集できるようになりたい、
でも、この11の手順が1人で出来る自信がない。
そんな方には、
セミナー形式でホームページを作る講座がお勧めです。
月に一度開催していますので、ぜひ参加ください。
 

行政書士専門!ホームページ制作セミナー詳細はこちら

 

ホームページで一番重要なこと

ホームページのポイントについては、
次の3つだと書きました。

①辿り着いてもらうこと

②読んでもらうこと

③お問い合わせをもらうこと

この3つのポイントをしっかりと頭に入れた上で、
ホームページで一番重要なことは何か、
ここでおさらいしておきましょう。

ホームページで一番重要なこと。

それは、お客様の役立つ情報を発信することです。
これに尽きます。
これだけに集中することで、

検索順位も上がります!
アクセルも上がります!
お問い合わせも来ます!

とにかくひたらすら、
お客様の悩みと、その解決法を書きましょう。

そのために必要な書類はどこでもらえるとか、
どんな添付書類が必要とか、
自分でする場合の注意点とか、
出し惜しみせずにどんどん書きましょう。

その上で、
相談してもらえるよう、
すぐに連絡が取れる電話番号や
お問い合わせフォームを
見やすい場所に設置しておきましょう。

SEOとか、Googleの方針だとか、
色々と難しそうな情報が飛び交いますが、
そんな情報を知らなくても、
一番重要なことが分かっていれば
仕事につながるホームページは作れます!

 

ホームページから仕事の依頼が来る流れとは

実際ホームページから仕事をいただいていますが、
流れとしては次のようになっています。

①検索してホームページに辿り着く

②プロフィールを読む

③ブログを読む

④この人ならいいかなと思う

⑤電話またはお問い合わせフォームから問合せる

⑥打合せ日程を決める

⑦打合せ日に依頼をいただく

ここで助かるのは、
予めプロフィールやブログを読んでもらっているので、
自分の説明をあまりしなくても、
だいたいその場で依頼に直結することです。

ホームページに記事を載せておくと、
1つの記事に辿り着いてから
3つ、4つ、
すごい人になると
「全部読みました!!」という方もいます。
(私の場合、このケースが多いです)

そうなると、会いたい気持ちで会ってもらえるため、
打合せがとてもスムーズです。

この状態を
「売り込まずに買ってもらえる」状態と
私は判断しています。

 

WordPress(ワードプレス)のメリットデメリット

ところで、なぜWordPressなの?という疑問も
お持ちかもしれません。

WordPressは、2003年に登場したアプリケーションで、
元々はプログを書くためのものでした。

一番大きな特徴は、
オープンソースだということでしょう。

オープンソースというのは、
無料でダウンロードできるだけでなく、
改ざんして使っていいですよ、ということです。

そのため、世界中の開発者が使いやすく改訂し、
それがWordPressにも反映されることになり、
今では世界シェアナンバーワンのアプリとなったのです。
(日本でもシェアナンバーワンです)

世界シェアナンバーワンということもあり、
Googleからも認められています。
WordPressでホームページを作るだけで、
検索順位が上がりやすくなると
3年前にGoogleの幹部が公式に発言もしています。
使わない手はありません!

ただし、デメリットもあります。

世界シェアナンバーワンなので、
どうしてもアカウントが狙われやすくなります。
これは、FacebookやLINEもそうですが、
WordPressの場合、
FacebookやLINEのような乗っ取りではなく、
動きが遅くなるようなコードを入れられたり、
ISISが話題になっていた時に
トップページがISISに乗っ取られたという
表示になったりという事例がありました。

その頃から、セキュリティ強化のため、
バージョンアップが頻繁に行われているようです。

また、細かい改訂には、
プログラム言語などが必要になってくるという
デメリットもありますが、
有料テーマを使うことで、
その辺は問題なく補えるはずです。

自分で作るか、人に頼むかを決めるポイント

ここまで読んでいただき、
「よし!これなら自分でできそうだ!」
あるいは
「自分でやってみたい!」
と感じたら、ぜひ、自分で作ってみてください。
コストも抑えられますし、お勧めです。

「ちょっと自分だけでは心配だ」
と、感じたら、
誰かに頼むというのも、選択肢の1つ入れておきましょう。

自分だけで作るとなると、
どうしても時間がかかってしまうものです。
その時間をお金で買うという発想も
経営者には必要かもしれません。

どこまでを自分でやって、
どこまでを人に任せるのか、
まずはその辺を考えてみるといいかもしれません。

土台となるホームページは作ってもらい、
そこからの編集を自分でやって行くのであれば、
時間的にも費用的にも
おさえることができると思います!

 

誰に頼むか迷ったら

最近は、色々な業者や個人が
ホームページ制作に携わっているようです。
誰に頼んだらいいんだろうと、
悩んでいる人も多いかもしれません。

私がお勧めなのは、
お客様の声を載せているところで、
実際にそのお客様に聞いてみることです。

忙しくて答えてもらえないこともあるかもしれませんが、
本当に良いサービスを受けた人なら、
ある程度教えてくれるはずです。

お客様の声を読んでみるだけでも、
ある程度サービスを想像することはできるでしょう。

私が主催しているホームページ制作セミナーは、
2014年から始まった前身のセミナーを入れて
お陰さまで24回開催、延べ57名の方に参加いただきました。
※2018年4月時点で、32回開催、63名の方が参加

お客様の声も掲載していますので、
ご興味ありましたら、ぜひご覧ください。

行政書士専門ホームページ制作講座

 

自分自身が営業が苦手なことから
開業当初からホームページに力を入れて来ました。
その結果、
売り込まずに買ってもらえる状態を
実現することできました。

この方法を手に入れてほしくて、
ホームページに関する発信を続けています。

今回の記事も
何かのお役に立てると嬉しいです!

 

関連記事

  1. 売上を伸ばすためのヒント その2

  2. 業務の作り方アドバイス付きホームページ制作 for 行政書士…

  3. 売上を数字で考えよう

  4. 事業を差別化する2つの方法

  5. 誰のためにブログを書くのか

  6. 「?」が「!」に変わった時、波が来る

行政書士の勉強会開催スケジュール

お勧め記事


ブログ一覧