開業に人脈は必要なのか?<仕事につながる人間関係を作る>

行政書士開業

開業に人脈は必要なのか?<仕事につながる人間関係を作る>

「人脈、経験なしで開業」と、勉強会で自己紹介をしている私ですが、今日は人脈について考えてみます。
結論から言うと、私は開業時の人脈には、あまり必要性を感じていません。
もっと本音を言えば、人脈なんて必要ないし、そもそも大物でない限り、人脈なんて持っていないと思います。
大半の人が人脈無しで開業し、多くの人が問題なく売上を作っていると思っています。

私たちが開業してから作るのは、人脈ではなく、人間関係ではないでしょうか。
その辺の違いについても、書いて行きます。

 

そもそも人脈って必要なの?

人脈というと、仕事やお金につながりそうな人とのつながりを指すのでしょう。
また、仕事やお金につなげてくれる人も、含まれるのでしょう。

政治家や大物と呼ばれる人とつながりが出来れば、困った時に助けてくれそうですし、同レベルの大物を紹介してくれるかもしれません。
だけど、そういう人たちと会える人は、ほんの一握りの選ばれし者です。
一般庶民には、見えない世界で生きているはずです。

もう少し敷居を下げると、今度はいざと言う時に助けてもらえるかと言ったら、難しそうです。
大きな決裁権を持っている人なんて、本当に少ないですよね。

では、人脈って何なんだろう?
そもそも人脈があって開業するって、どういう状態なんだろう?

例えば、家族くらい近い人が、士業ですでに開業していて、上手く行っていて、そこからお客様を紹介してもらえそうな場合、これは人脈でしょうか?
これは、人脈というより、仕事につながりそうな知り合い程度でしょうか。
これが他人で、単なる知り合いの場合、仕事を紹介してくれるとは限りません。
開業したばかりだと、何しろ実績がないため、ちょっとした仕事しか回って来ないかもしれません。

私の場合、開業直後に前職でお世話になった役所や銀行関係の方に挨拶して回り、その後も何度もお会いしました。
起業支援や補助金申請等、関係のある方ばかりでしたが、まったく仕事にはつながりませんでした。
こちらは口座開設したり、法人を紹介したりしましたが、返って来るものはありませんでした。
「今度○○を紹介するね」と声をかけてもらうことはあっても、紹介には至りませんでした。

あとから考えれば当然の流れで、やはり実績は必要です。
知り合い程度では、あえて新人に仕事を振ってくれません。

そんな経験から、前職の人脈と思っていたものは、人脈ではなかったし、その後仕事はホームページから入って来たので、人脈は必要ないなと感じました。
誰かを通して仕事につなげるよりも、一日も早く自分で仕事を取るしくみを作る方が、あとあと自分のためになります。
人を頼っても、自分の力にはなりません。

 

紹介も「しくみ化」してみる

人から仕事をつなげるのであれば、紹介されるしくみを作るといいと思います。
もちろん、簡単ではありません。
新人のうちは、特に簡単ではありませんが、「しくみ化」を意識して動くだけでも意味があると思います。

イメージしやすいように言うと、「誰か紹介してくれないかなー」と思いながら、交流会などに出かけるのではなく、戦略的に紹介をもらえるように動きます。

例えば、他士業が集まる勉強会や懇親会に参加するなら、他士業に提供できそうなサービスを考えてから参加します。
税理士は法人の顧問先が多いはずなので、顧問先に提供できる補助金情報などを提供するといいでしょう。
実は税理士は補助金申請の実務をしない場合が多いので、補助金申請をしたい顧問先がいた場合、仕事を依頼してくれるかもしれません。
会社設立のお客様を顧問先として紹介すると、税理士が受けた会社設立の書類作成を依頼してくれるかもしれません。

同業者からの紹介も、実は少なくありません。
行政書士の業務はとても広いため、自分の専門以外は知り合いの同業者に振ることは多いです。
専門が違う行政書士と会うようにして、自分が何を専門にしているのかを伝えましょう。
先に相手の専門業務を自分が受ける場合もあります。
その時は、専門の行政書士に振ることで、自分にも紹介が来るのを待ちましょう。

この場合、良い人間関係を築けそうな他士業、同業者を見つけることをお勧めします。
仕事をもらうことを目的にすると、良い人間関係は築けないですよね。
逆に考えて、仕事をもらうのを目的で近づいて来られても、その人と良い関係になるのは難しいですよね。

この戦略的な紹介の作り方は、人脈を作るというよりも、仕事が回る人間関係を作ると言った方がいいでしょう。
信頼も含め、人間関係を作る中で、お互いに仕事が回って行く流れを作れば、相乗効果も期待できそうですね。

ちなみに、私は人間関係を作ることが得意ではないので、一人でコツコツホームページやSNSで発信する中で、仕事を作っています。
これも、開業3年間で色々試した上で、自分に合ったものを見つけた結果です。
今だから、こんな生意気なことを言ってますが、開業3年くらいはもう、探り探り探り探りでした。
結局それが、遠回りに見えて、一番の近道なんですよね。
一度は色々試してみるのもいいかもしれません。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧