行政書士で開業するなら青色申告承認申請も忘れずに!

開業準備

開業するなら青色申告承認申請も忘れずに!

 

行政書士として開業を考えている方、
個人事業も会社も同じですが、
事業を始める場合、
税務署に「開業届」を出すはずです。

その場合、
「青色申告承認申請」の手続きを
一緒にすることをお勧めします。

青色申告というのは、
複式簿記で帳簿をつけることで、
年間65万円の控除を受けられるという
かなりお得な制度です。

年間65万円の控除というのは、
利益から65万を差し引いたものを
所得税の対象にするということです。

つまり、簡単に言うと、
税金が安くなる、
節税になる、ということです。

 

それだけではなく、
配偶者などを専従者として
給与を経費に出来たり、
貸倒引当金を経費に出来たり、
損失(赤字)を3年間繰り越せるという
節税に繋がる特典があります!
詳しい内容はこちらをご覧ください。

さらに、減価償却に係る特例もあります。

こちらは平成26年3月31日までの法律が
平成28年3月31日までに延長されたもので、
30万円未満の減価償却資産が
年300万円までは一括で経費で落とせる
というものです。

こちらのページを参照ください。

これ、開業前にはピンと来ないかもしれませんが、
PC1台買うにも
10万円以上だと減価償却資産になるため、
ちょっと経理処理が面倒になります。

これが30万円未満まで一括経費となれば、
ラクですよね。
最近は、帳簿を手書きするのではなく、
申告用のソフトを使う人が多いと思います。

PCにソフトをインストールして
レシート片手に数字を入れると
申告用の書類が出来るので、
とても便利です。

複式簿記の知識がない人だと、
ちょっと難しく感じるのか、
そこはちょっと分かりませんが、、、。

どちらにしても確定申告はすると思いますし、
それならば、節税出来た方がいいですよね。

知らずに手続きしていないと
65万円の控除は受けられません。
手続きにも期日がありますので、
開業と同時にすることをお勧めします。
個人事業の場合、
事業開始から2ヶ月以内に
手続きが必要なので、
開業届と一緒に出すことをお勧めします。

国税庁のページはこちらですが、
どうも国税庁のサイトって、
難しく書いているイメージなのですよね。
色合いがそう見せてるのかな?
ただ、申請書自体もダウンロード出来ますし、
このページはぜひ一度見ておいてくださいね。
税金や経費についてもっと詳しく知りたいなら、
私がお勧めするのはこちらの本。
開業届や青色申告承認申請についても、
マンガ入りで分かりやすく解説してあります。

Amazonで買うなら、こちらから

 


 

shossy003 ショッシー★わんポイントアドバイス

 

税金や経費については

分からないことがたくさんあるよね。

何を調べたらいいのか分からないし、

1つのサイトにすべてが載ってるのは

あまり見たことがないな~。

 

ショッシー★サロンでは、

お金の話もどんどん取り上げて行くよ!

ただし、税理士さんに怒られない程度に!!

ランキングにも参加したよ!
応援してくれると嬉しいな~♪
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

それじゃあ、また明日!

ショッシーゆう~~♪

 

ピックアップ記事

関連記事一覧