開業一年目はみんなツライ!<売上はじわじわとしか上がらない>

開業一年目

開業一年目はみんなツライ 売上はじわじわとしか上がらない

先日、「なかなか仕事につながらないと悩む人が見落としていること」という記事を書きました。
なかなか仕事につながらないのは、開業一年目は当然のことです。

仕事につなげるためには、しくみ作りが大切です。
しくみを作ることで、じわじわと仕事につながり、売上が入って来ます。
このじわじわという状態が、人にはつらく感じるものです。

でも、じわじわを抜けると、かなりラクになります。
この記事では、売上が少しずつ上がるイメージを解説していきます。

リアルな売上 3年間のグラフを公開

行政書士に限らず、売上を教えてくれる人は、なかなかいません。
理由は色々あると思いますが、「そんなこと、大っぴらに言うもんじゃない」というのが常識のようです。

私は開業当初、行政書士のリアルな売上が気になりました。
イメージできなければ、目指せないと思ったからです。
だからこそ、自分の売上推移について、グラフを公開しています。

下のグラフは、私の開業1年目から3年目の売上グラフです。

3年目に年間売上1,000万を超えたのですが、1、2年目とかなり差があることがわかります。
このグラフのように、じわじわと上がって行くのが売上だと考えておくといいと思います。

軌道に乗っても毎月の売上が安定しないことも

グラフ上の破線は、83.4万円を示しています。
年間売上1,000万円を達成するために必要な毎月の平均売上の金額です。

私の場合、3年目に83.4万円を超えた月は、6回。
つまり、半分の月は83.4万円より低いんですよね。
それでも年間売上1,000万円を達成することは出来ます。

1、2年目もそうですが、売上額は毎月上がったり下がったりするものです。

行政書士の場合、受任から売上回収まで時間がかかるものが多く、仕事が入った月には売上が入らないこともよくあります。
そのため、仕事を取りながら、売上を回収して行く動きが必要です。
これは当たり前のことなのですが、開業時にはイメージできないものです。

開業1年目の動きは、なかなか仕事につながりませんが、次の「かみやま式5段階フロー」を意識して行動することで、仕事はじわじわと入ってくるはずです。

【かみやま式5段階フロー】

  1. 知ってもらう
  2. 問い合わせをもらう
  3. 会ってもらう
  4. 買ってもらう(依頼)
  5. また買ってもらう(追加依頼)

このフローを意識することで、3年目には狙った通りに仕事が入るようにもなります。

売上グラフをご覧いただくと、1年目から3年目の仕事の増え方もイメージできるのではないでしょうか。
開業一年目の仕事については、次の記事にまとめました。
ぜひ、あわせてご覧ください。

行政書士の勉強会で情報収集しませんか?<ショッシーオンライン>

関連記事一覧

特集記事

TOP